占いツクール
検索窓
今日:258 hit、昨日:740 hit、合計:231,056 hit

2微ピンク ページ4

「A」

いきなり耳元で囁く声がして、おそるおそる顔を上げる
そこにはいつもの、クールな冨岡さんは居なくて、すこし困ったような顔の冨岡さんがいた

「俺はまったくそんな事思わなかった。むしろお前は強い自信を持て」

そう言うと、ふわりと抱きしめられた
暖かい、そう思って、もっとその暖かさに触れたくてギュッと冨岡さんの背中に腕を伸ばした
溢れ出た涙はとうに止まって冨岡 さんの温もりだけが感じられた

それから、何分だったか、そっと冨岡さんは離してくれた

「すまん、お前だからかもしれなが、嬉しかった」

「え・・・何がですか?}

「抱きしめ返してれて」

その言葉にほわほわした気分から、一気に血の気が引いてくのがわかった
わ、私はなんてこをしたんだ!!!
い、いやでも、嬉しかったって・・・

「あの、その、色々と迷惑をかけて・・・」

混乱していて中々言葉が出てこない

「俺はお前が好きだ」

冨岡さんのす顔がすこし赤いのは焚き火のせいのかなんなのか・・・

「わ。私も、ずっと前から好きです!ずっと見てました!」

鬼滅隊に入ってからずっと憧れていた人であり、私の想い人
まさか、冨岡さんから言ってくれるなんて・・・・これは夢か!!
私は頬をギューと摘むと、冨岡さんはいつもの表情に戻りやめさせた

「なにやってる?」

「い、いや、あの、夢かなーと確認を・・・あははは」

乾いた笑いに富岡さんはため息をこぼし、真面目な顔で私の両頬を手で包んだ

「こっちの方が確かめられる」

「んっ・・・・ふぅ・・・はぁ」

何度も何度も角度をかえて、逃げる私の舌を何度も絡みとる

「ふぁ・・・・と・・・みおか・・・さん」

そう言うと、やっと冨岡さんが離してくれた
私はというと、腰もくだけ、荒い息で呼吸する


「これからも、ずっと傍にいる」


そう言って、冨岡さんは私を優しく抱きしめた。


・・・・・・・・・・・・・

冨岡さんのキャラ掴めてません。。。

すいません。。

お風呂で・・・/時透無一郎・ピンク注意!→←野宿で貴方と・冨岡 義勇



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (127 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
253人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 夢小説 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

きく猫(プロフ) - りなさん» こちらこそ、リク有難うございますヽ(*´∀`)ノ (8月19日 5時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
りな - きく猫さん» 書いてくださりありがとうございます!!凄く良かったです!!応援してます!! (8月19日 2時) (レス) id: 55c1958e88 (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» リク有難うございます ^^) _旦~~頑張って書いてみます!載せる時は弐の方に載せたいと思います。 (8月18日 17時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» こちらこそ、有難うございます!ギャグにしようか迷ってたらお館様が大変な事になりました(;^_^A (8月18日 16時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - またリクエストいいですか?夢主柱で夢主と柱達が骨休めに夢主の実家の旅館に泊まる。夜中に鬼が旅館に火をつけて爆発してパニック。鬼を見つけて倒す。お願いします。 (8月18日 16時) (レス) id: 87339a530e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きく猫 | 作成日時:2018年8月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。