占いツクール
検索窓
今日:30 hit、昨日:43 hit、合計:39,942 hit

ページ22

_







「一度も逸らさずに、ずっと観てたよ」



こたくんの勇姿、そう付け加えて、葵さんは静かに車を走らせた。そんな彼女の横顔を、思わず見つめてしまう。

はらはらどきどきして試合が観れないの、そう苦笑いをしていた昔。試合を観たいなんて、絶対言わないひとだった。そんな彼女が、強く優しい眼差しで言う。

こたくんが頑張ってるのに、私が目を逸らしてはだめって思ったの。私はこれからも、…こたくんのすぐ傍にいたいから。

そう、呟いた声は、消えてしまいそうだった。思わず泣きそうになってしまって、誤魔化すように反対を向く。ネオンが、目に染みて痛い。



「知らないひとみたいだった」

「…俺が?」

「うん。…私が知ってるこたくんは、人見知りで優しくて、戸惑いながら寄り添ってくれる、かわいいひとなの」

「…」

「だけど…グラウンドに立つこたくんは目が違くて、…うまく言えないなあ、」



その後は沈黙だった。マンションに到着して、玄関に入るまで、大した言葉はなかった。

ただ、玄関の扉が閉じた瞬間、力任せに彼女を抱きしめていた。驚いた表情をした彼女はすぐに小さく笑って、背中に手を回してくれる。



「こたくん、おめでと、ほんとに」

「……」

「こたくんの背中、広くて、手が回らないよ」

「…葵さ、」

「この背中がね、すっごく逞しかった。きれいだったよ。…野球を頑張ってくれてありがとう」

「…あかん、泣いてまう」

「ふふ、いいじゃない、涙も」

「葵さんの前では絶対いやや」

「強がり」

「これでも俺、彼氏やから」

「…うん、すっごくかわいくて、かっこいい彼氏くんで、私には本当に勿体ないよ」

「……その言葉、そのまま返すわ」

「え?」

「結果でえへんときは優しくついてきてくれて、不調のときはそっと傍におってくれて。苦労ばかりかけてるはずやのに、弱音も文句も言わんし、」

「こたく、」

「…葵さんおらんかったら、今の俺はないよ」

「……っ」



ほんまにありがとう、

そう言う頃には、彼女の涙腺は壊れていた。その小さな両手が、一生懸命力を込めて、俺を抱きしめる。それが愛しくて、潰れちゃうんじゃないかってくらい、葵さんを強く抱きしめた。

これからもずっとよろしく、そう囁くと。涙を溜めた彼女が優しく微笑むから、思わず俺も泣きそうになって、誤魔化すようにキスをした。



_fin
優勝おめでとうございます*熱が冷めなくて書いてしまいました。

山吹→←群青



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
171人がお気に入り
設定キーワード:プロ野球
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

aoi(プロフ) - よせさん» コメントありがたいです、うれしいです! (8月4日 11時) (レス) id: 3dc625fcb2 (このIDを非表示/違反報告)
aoi(プロフ) - り子さん» うれしいお言葉ありがとうございます*(頂いたコメントですみません、り子さまのおはなし、私もだいすきです…!) (8月4日 11時) (レス) id: 3dc625fcb2 (このIDを非表示/違反報告)
aoi(プロフ) - みやさん» ありがとうございます、嬉しいです* (8月4日 11時) (レス) id: 3dc625fcb2 (このIDを非表示/違反報告)
よせ - 残して頂きたいです! aoiさんのお話大好きなので (8月4日 1時) (レス) id: fce3d6c44c (このIDを非表示/違反報告)
り子(プロフ) - aoiさんのお話をいつも読ませていただいてて、本当に本当に大好きなので残して頂きたいです…! (8月4日 0時) (レス) id: d828ee975a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:aoi | 作成日時:2019年4月2日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。