占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:53 hit、合計:16,203 hit

第10話 鉄骨 ページ12

いよいよ、2度目となる帝国との試合

地区予選決勝



ピーー—ッ



試合開始のホイッスルが鳴るが

それと同時に



ガシャンッ、ガシャンッ



雷門側に、天上から鉄骨が降り注いできた



「「!!」」



あたりには砂埃がたち、状況が分からない



《あっと!!どういうことだ!?突然雷門中の天井から鉄骨が降り注いできた!!大事故発生!!》


貴「みんな…っ」



思わずAは、グラウンドのラインギリギリまで駆け寄り

目を凝らしてみんなの姿を確認しようとしている



響木「まさか、ここまでやるとは……」



その様子には、帝国側も驚き目を見開いている

煙が収まってくると・・・



《ひどい…鉄骨がグラウンドに突き刺さり、これでは雷門中イレブンも……えっ…なんと!!雷門中イレブンは無事です!!誰一人怪我をしていない模様です!!これは奇跡だ!!》


円堂「鬼道が言ったことは、こういうことだったのか…!」



無傷の雷門イレブンが、驚いた顔をして鉄骨を見ていた

怪我がないことに安心し、Aはその場にヘナヘナと座り込んだ



だが



ガシャン



嫌な音が、また一つ



「「!!!」」



それは、Aの真上からだった

自分に向かって落ちてくる鉄骨を見上げるAだが、驚きと恐怖で体が動かない



豪炎寺「A!!!」



それに気づいた豪炎寺が誰より早く動くが、この距離では間に合わない

くるであろう痛みを想定し、ギュッと目を閉じるA



ドシャアアアンッ



Aのいる場所に、鉄骨が突き刺さる



秋「Aちゃん……っっ」


春奈「そ、そんな…」



砂埃が付近を包み、状況が確認できない



「……ノロマ」



煙の中から響いた、Aではない男の声

第11話 怪我→←第9話 聞き上手



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鈴松信@違反報告する時は声かけてね(´;ω;`)(プロフ) - うわぁぁぁぁ、これは…なんとも切ないぃぃぃ…めちゃ感動しました!(´;ω;`) (12月9日 12時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
raku(プロフ) - めちゃくちゃ好きです...!ありがとうございました!! (2018年7月26日 14時) (レス) id: 77cb868258 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - ミストレの小説もっと作ってほしいです! (2018年6月9日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - めっちゃ面白いです! (2018年6月8日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin - とても最高な小説でした。゚(゚´Д`゚)゚。また、こういう小説を書いて欲しい(´・ω・`) (2018年5月15日 18時) (レス) id: b430bf22da (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マシマロ王子♪ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/masipage/  
作成日時:2018年4月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。