占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:11,927 hit

48 ページ1

.


あ「……玲於くん…」



玲「いいよ、何も言わなくて」




……頭がまわらない。
やだ。


いやだ。

せっかく亜嵐くんでいっぱいだったんだ。


毎日幸せで

毎日私を楽しませてくれてたのに...



こんな仕打ちはないよ。



…………なんで今なの。



玲「……ごめん、おれずるいよね」



あ「……ずるい。」



玲「でも、本気なんだ。」

「俺、すっごく(名前)が好きなんだって」





……耳塞ぎたい。

聞きたくないよ。

前まで望んでた言葉だった。

今はもう望んでないの。



玲「……気にしないで。」


「ごめん、そんな顔させるつもりなかった」


「忘れていいよ。」



ねぇ、玲於くん。

私いまどんな顔してるの。


わかんない。



わかんないよ。





あ「…………帰るね。」

「お疲れ様でした」




……今は帰らなくちゃ。

ここにいたくない。

居たらダメだ。



.




.





頭の中で亜嵐くんの声がする。



『めっちゃ(名前)のこと大好きだよ。』



大丈夫だよ、亜嵐くん。




(名前)も、亜嵐くんが1番大好きだから。





ぶれたりなんかしない。



例え、ドアを閉める瞬間。



玲於くんが泣いてたのが見えたとしても。





もう振り向かない。


もう迷わない。






……亜嵐くんだけだから。


.

49→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
223人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片寄 | 作成日時:2017年1月11日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。