占いツクール
検索窓
今日:369 hit、昨日:62 hit、合計:309,605 hit

白石さんが26人 ページ27

冨岡side





今日もAが可愛いと思う。

清楚な髪や瞳の雰囲気が綺麗で
流石、初めて出会った時、あの禰豆子と言う
炭治郎の妹が鬼になったあの時も冷静でいた
Aだ。






『冨岡さん、聞いてた?』


「(Aが愛らしくて)聞いていなかった」








少し落ち込んだ表情になるが
直ぐ様後ろにいた胡蝶がため息を吐き
Aの手を握る。







「…Aさん、私と行動しましょうね」


『しのぶ、冨岡さん3回目』


「3回も話を聞かない人は放っとくのが1番ですよ」


「待て(連れて行くな)返せ」






今回俺達は急な司令で呼び出された為
複雑な作りの森で、正確な場所で
何が起きたかは大まかしか把握していない。

先にこの森に任務で足を踏み入れていた
Aから話を聞かないと今回ばかりは
情報が少なすぎる。






「Aさんは物ではないので返せませんね。
さて、所でAさん、もう一度可哀想で
ぼっちな冨岡さんに優しく説明し直してあげて
下さいね?」


『ぼっち…分かった。』


「待て、俺はぼっちで嫌われてなど無い。」


「あら、今回はそこまで言っていないのに。
やっぱり自覚があったんですね」







俺らの話も気に停めず話し出すAの
話に拠れば、隊士の大半は凍り付いた状態で
一口も食されずに放置されていたのだと。

鬼の気配だけがそこにあり姿は一切見えない。
Aの目の前で隊士が三人、瞬きをしただけで
凍ったのだと。

Aも今回ばかりは間一髪だったと言う。






「分かりましたか冨岡さん?」


「ああ」


『…さっきはここから気配がした。』








ピタリと立ち止まり地面を指さすA。
でも今はいないと言い放つ。







「ここは下手に行動せず3人で行きましょう。」


『あっちの方に行こう』


「Aと胡蝶は後ろにいろ」


「あら、Aさんの前だからって」

白石さんが27人→←白石さんが25人



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (150 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
412人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 愛され , 落ち未定   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Neon?/310(プロフ) - イチゴいちさん» 嬉しいです!お読み下さりありがとうございます(*´▽`*) (2月21日 20時) (レス) id: 0d73bbf972 (このIDを非表示/違反報告)
イチゴいち - 画像の欄?から来ました。ロリ・ショタ好きで〜す^ ^ 今、17話くらいまで見ました! (2月21日 20時) (レス) id: 86b9e23d57 (このIDを非表示/違反報告)
Neon?/310(プロフ) - 紅葉さん» 頑張ります受験生(´;ω;`)読み返し次第ちょくちょく直します!コメントありがとうございます(*´ω`*) (2月15日 20時) (レス) id: 0d73bbf972 (このIDを非表示/違反報告)
紅葉(プロフ) - 癒しをありがとうございます…!白石ちゃん可愛すぎてツライ…!誤字多発なのでそこは頑張ってください受験生… (2月15日 11時) (レス) id: 7ac5223945 (このIDを非表示/違反報告)
Neon?/310(プロフ) - 。、、さん» イメログの方でむっとという名前でイラストを描いている友人です!良ければ(*´ω`*)小説読んでくれてありがとうございます!更新頑張りますね! (2月12日 23時) (レス) id: 0d73bbf972 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Neon
作成日時:2020年1月30日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。