占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:297 hit、合計:79,146 hit

93 ページ43






涼介 「 どれにする? 」



ひとつのメニューをふたりで見る


涼介が机から身を乗り出すから一気に近くなる





「 ん〜おすすめは? 」




涼介 「 この種類の鍋とか美味しいよ 」




「 じゃあそれにしよっかな 」




涼介 「 おっけー、飲み物は? 」




「 お茶で 」




涼介 「 遠慮しなくてもいいのに〜笑 」




「 うるさ笑 」






少しして店員さんを呼んで、さっき決めたお鍋と
その他テキトーに料理を言っていく




涼介 「 ___あと、ビール2つで 」




あれ?




店員 「 かしこまりました 」





お茶でいいって言ったのに




「 涼介、あたし…




涼介 「 も〜、せっかくなんだし飲もうよ 」




2人とも車で来たわけじゃないから別にいいんだけど




この店は繁華街から少し外れた裏にあるけど、帰る時はそこ通らなきゃだし、また涼介が勧誘とかにあったら…とか考えるとあまり飲む気にならない






涼介 「 心配しなくても大丈夫だから!それに今日は記念日でしょ?ね! 」




別に大丈夫だよね?




「 そうだね!!! 」




94→←92



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
482人がお気に入り
設定キーワード:hey!say!jump , 山田涼介   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:めーべる | 作成日時:2018年6月4日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。