占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:1 hit、合計:14,997 hit









夏の終わりに、溺れそうになった。









それはサイダーみたいに弾けて





どんどんわたしを飲み込んでいったんだ。









……………………………………………………
こんにちは。はると申します。
高木くんメインです。

忘れられない夏の苦しい記憶。
あなたが塗り替えてくれるのならば…。


現在連載中のお話はこちら
ノスタルジア・ラヴァー


※実在する人物とは全く関係ありません。
※評価9.7以下の場合は削除を考えます。
※文字化け防止のため「高」表記です。執筆状態:連載中


























おもしろ度の評価
  • Currently 9.89/10

点数: 9.9/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
248人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 高木雄也 , 中島裕翔   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白米王女 - 涙腺崩壊しかけました…更新待ってます! (3月7日 3時) (レス) id: 3dc41e973d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ノスタルジア・ラヴァーからきました。私自身こういう一筋縄ではいかない?一難抱えてるような恋が好きでして...始まりからとても好きです(;_;)序盤から高木くんの優しさが滲み出ててこれからどう主人公ちゃんの傷を癒してくれるのか楽しみです。長文失礼しました(;_;) (8月12日 17時) (レス) id: 3541bb94ca (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はる | 作成日時:2018年8月12日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。