占いツクール
検索窓
今日:307 hit、昨日:135 hit、合計:92,789 hit

73 ページ23

涼介side







パーティーの後片付けも終わりに
家に着いたのは1時過ぎだった




いつもだったらルンルン気分で通る
エレベーターホールも今日は足が重かった





涼介「 …はぁ 」




2台あるうちの1台が1階で止まってたから
" 開 " ボタンを押してエレベーターに乗った



















涼介 「 ただいま… 」




………シーン。




そりゃ寝てるよね〜。




あんな辛い場面を見てしまっても
可愛いAさんの寝顔が見たくなる俺は
相当惚れてるらしい





涼介 「 ただい…あれ、 」




抜け殻状態のベッド。
風呂…も電気ついてなかったし…






未だに引きずってるあの映像が
より鮮明に心に刺さった





…今ごろAさんはあの人と…





涼介 「 俺じゃ頼んないよな… 」




その言葉にAさんの声がかえってくる
わけでもなくうっすらと消えていった





ただ、ただ、Aさんの邪魔者になる
だけなら、家を出ていった方がマシだ






74→←72



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
497人がお気に入り
設定キーワード:hey!say!jump , 山田涼介   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:めーべる | 作成日時:2018年6月4日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。