占いツクール
検索窓
今日:101 hit、昨日:64 hit、合計:78,206 hit

63 ページ13






「 ただいま〜 」



涼介 「 おかえり〜 」



いつものように玄関まできて出迎えてくれる


あれ?元気ない?そんな気がした





「 ダンスサークル入ってたこと知らなかった
から驚いたよ!なんで言ってくれなかったの? 」





なにか話そうと質問すると俯いた涼介






涼介 「 …ろくに稼いでもないやつがサークル
なんか入ってて、ムカつかない? 」




悲しそうに笑う涼介




金銭面の負担は全部あたしが背負ってる
別にそれに文句なんて浮かばない



「 そんなことな…



涼介 「 俺は腹立つよ。男なのになんも
できねぇ俺に。それなのにAさんは
文句も言わずに住まわせてくれて 」



そう言ってあたしに背を向ける涼介



「 文句なんて元からないよ? 」



涼介 「 ……… 」



「 涼介怒るかもだし、言わなかったけど
大学生に頼るほどあたし、お金に
困ってないよ? 」



涼介 「 …でも俺のプライドが許さねぇの 」



「 そんなこと知りませ〜ん 」



涼介 「 そ、そんなことって… 」



「 だからもう怒らないの!ね? 」






らしくないけど後ろから抱きしめた




「 もしかしてあたしに文句言われるのがいやで
サークル入ってること言わなかったの?」



涼介 「 その通りですよ 」



「 まだまだ涼介もあたしのこと
わかってないな〜 」





頭をくしゃくしゃすると…照れた。笑




「 それよりさ、もう部員じゃないってあれ
どう意味? 」



涼介 「 仕事探しに専念しようと思って
最近参加してない 」



「 やめちゃだめだよ?」



涼介 「 …そうする 」



「 それでよし 」




なんかあたし後ろからだったら
涼介に勝てるかも笑



64→←62



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (101 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
483人がお気に入り
設定キーワード:hey!say!jump , 山田涼介   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:めーべる | 作成日時:2018年6月4日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。