占いツクール
検索窓
今日:336 hit、昨日:350 hit、合計:138,093 hit

・18 ページ18

ジェイド「おや、何を書いてるんです?」

A「お友達にお手紙!」

フロイド「お友だちぃ?」





モストロ・ラウンジのカウンターで何やら熱心に文字を書くA。その紙を覗くと、どうやら故郷にいる友人への手紙のようだ。





A「僕の親戚なんだ!ずーっと一緒のお友達!でも、僕がNRCに入学しちゃったから、なかなか会えなくて……」

アズール「おや、それは寂しいですね。」

フロイド「親戚なのに友達なの?」

A「うん!親戚以上!お友達!リリアが、僕達は親友だってよく言うの!」

ジェイド「ふふっ、あなたにも同年代のご友人がいるようで良かったです。ここら辺には年上しかいませんしね。」





子供にしては綺麗な文字でサラサラと手紙を書いていく。姿勢正しく、将来がどんな好青年に成長するのかなんて容易に想像ができることだった。





フロイド「うわ、稚魚ちゃん字綺麗だね。カニちゃん達より綺麗なんじゃね?」

A「文字は人を表すものだから、ってお兄様が教えてくれたの!丁寧な文字を書くことで品格が出るんだって!」

アズール「凄いじゃありませんか。将来有望ですよ。」

A「えへへ〜」





Aは手紙を書き終えたようで、それをふたつ折りにしバラのシールを貼って宛名を書く。





A「出来た!」

ジェイド「ポストまでお付き合いしましょうか?」






この学園にももちろんポストがあり、家族や友人に手紙を送ることが出来る。そのポストはもちろん校門にある。





A「ううん!僕はいつもお手紙は飛ばしてるの!」

ジェイド「飛ばす…伝書鳩ですか?」

アズール「魔法に乗せればすぐですし、マレウスさんならその程度朝飯前でしょう。」

A「ううん!自分で!」

「「「え?」」」

A「えーっと…あ!その紙かして!」

フロイド「あ、これ?いいけど…」





フロイドから一枚伝票用紙を貰うとそれに魔法をかけふぅっと息をふきかけた。するとその紙はパッと蝶に変わり、パタパタと飛び立つとフロイドの元に帰っていった。

フロイドの手元におりた蝶は元の伝票用紙に戻り、綺麗なまま返された。





A「これ、飛ばしてる!」





にっこりと笑うAに3人は開いた口が塞がらない。

・19→←・17



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
329人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。