占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:85 hit、合計:21,022 hit

もっと見たいから、 ページ11

2人は、江戸の町を歩いていた。
日が暮れたら屯所に戻り、そこから中の案内を始めようという算段だ。
Aは、お金を、内緒で少し忍ばせているだけで、ほとんど手ぶら状態である。
キョロキョロと、辺りを見渡すが、その顔は相変わらずの無表情だった。

会話のない中、ついに総悟が口を開いた。


総悟「そういえば、Aの持ってた荷物は……」


ビクッ


Aが、体を揺らし、反応した。
そして、不安そうな目で総悟を見る。


総悟「あァ、安心しなせェ。中を見たりはしてねェよ。一応、俺らは警察だからな。特に、女の子の持ち物なんて勝手に漁りゃしねェよ。」


その言葉に、Aは安心した。



アレを見られるのはまずい。



Aは、ひっそり心の中で思った。

総悟はと言うと、荷物の話題になったときのAの反応に少し引っかかったが、聞かないでおいた。


総悟「腹減らねェか?よかったら、あそこの店で団子でも食おうぜィ。」


Aは頷いた。

しかし、それがあだになるということを、このときのAはまだ知らない。


総悟「おばちゃーん、団子2つ〜!」


はいよ、と優しそうなおばさんが返事をし、団子を2人のところに待ってきてくれた。

総悟は、団子を頬張った。
それを見て、Aも同じように頬張った。



「おいしい…………!」



珍しく、Aが言葉を口にした。
頬も少し紅潮している。
総悟は、驚きながらも、感情はあるんだなと思い、もう少しそれを見てみたくなった。
そして、こんなことを口にしてみた。
























総悟「あァ、たしかに、人の金で食う団子はうまいねィ。」

お返しと救世主→←恨むべきか恨まざるべきか



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
24人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 万事屋,真選組 , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*kuro* | 作成日時:2019年6月9日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。