占いツクール
検索窓
今日:286 hit、昨日:642 hit、合計:223,888 hit

急展開すぎる ページ2

赤いシャツに黒いスーツを羽織っていて威圧を感じるグラサンをかけている

ぐっと私に顔を近づけると「なぁ」ともう一度私に呼びかける

「あのさぁ、アンタのせいで怪我してもうてんけど」

『け、怪我...ですか...?』

やべぇよ、やべぇよ、やっちまったよ...!!
ほら、と見せてくれた肘の所にある筈の布は擦れ、赤くの滲んだ肌が露出していた

どうやら横の塀で擦ってしまったらしい

『ご、ごめんなさいっ...!!なんでも、なんでもしますから...!!』

恐怖でガタガタと体が震え始める
男の冷めた怒りのような空気感に威圧されて何も言えない
言ってしまったら殺されそうで...

地面におでこを付ける形で謝る

しばらくそうしていれば顔を上げろと低い声が落ちてくる
恐る恐る顔を上げると無表情の男がじっと私を見つめる

「なぁ自分。なんでもするん?」

『えぇ、まぁ...い、のちだけは...譲れません...』

私の言葉に男はぽかんとした表情を浮かべる
そして、何がおかしいのか大きな声で笑い出した

「ふはっ...おもろいなぁアンタ。.....ふーん?よく見たらアンタ可愛ええやん。俺の女になったら許してやるで」

じっとサングラス越しに私の目を見る
その目はやっぱり何も感情を読み取れなくて

『あの...』

「聞こえんかった?俺何回も言うの嫌いなんやけど」

『いやっ!聞こえました!』

「いい子やん。そんで?」

『急にそんなこと言われても...』

私は座り込んだまま、男はしゃがみ込んだまま時間が過ぎる
男が私から目線を外すことは無くて背中を冷たい汗が伝う

と、男の後ろからバタバタと2,3人の足音が聞こえてきた

「兄貴!ここにおったんですか!」

「勝手に出歩かんで下さい言うとりますやないですか!」

え、兄貴...??

またも黒いグラサンの男が2人、男の背後に立つ
男と違うのはスーツをきっかりと着ていて男のようにヒョロっちくないこと

男が立ち上がって会話を始める

「悪いな、次からは気をつけるさかい
この女、連れて帰るから車運んで。怪我はさせんなよ」

そして男は私に背を向けて歩いていく
左右にはガタイのいい男が2人

『え、ちょっと、ちょっと待ってよ...!!』

そして私は担ぎ上げられ為す術なくどこかへ連れていかれた

残念ながら現実→←事の発端



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (588 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1968人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 〇〇の主役は我々だ , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

わごむ - し、し、シッマが...襲わない!? (10月7日 0時) (レス) id: 37d509fa97 (このIDを非表示/違反報告)
美奈花(プロフ) - kurauda0827さん» ありがとうございます!ゆっくり更新ですがお付き合いください! (9月1日 14時) (レス) id: bf98cceb63 (このIDを非表示/違反報告)
kurauda0827(プロフ) - めっちゃ面白いですね!よんでる途中最高すぎて、悶えながら読んでました!更新楽しみにしてます! (8月29日 0時) (レス) id: dce11f68c6 (このIDを非表示/違反報告)
美奈花(プロフ) - れらちゃん=17さん» ありがとうございます!頑張ります! (7月31日 11時) (レス) id: bf98cceb63 (このIDを非表示/違反報告)
れらちゃん=17 - このお話大好きです!これからも頑張ってください! (7月30日 12時) (レス) id: 58cba98cf2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美奈花 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年3月6日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。