検索窓
今日:13 hit、昨日:24 hit、合計:8,919 hit
「(名前)ちゃん!野球しよ!」

「(名前)ちゃんの良いところを1番知っているのは俺だけだよ!」

「大人になったら(名前)ちゃんは俺が守るから。ずっとそばにいるから。だから大人になったら、結婚して。約束だよ。」


頭の片隅にある幼少期の頃の記憶、、誰かとしたこの約束。でも、もう顔も名前もはっきりと覚えていない。ねぇ、君は今どうしてる?








「やっと、、見つけた。(名前)。」


運命というものは本当に不思議だ。今まで覚えていなかったこともいつか絶対に思い出すのだから。

ホークスの背番号50番さんメインです。



注意!!
物語に出てくる球団様や選手様たちとは全く関係ありません。
初心者ですので読んでいて言葉がおかしいところがあるかもしれません💦
時系列バラバラです。
時々書き直す時があります。
Twitter→@Ran06_baseball
他の作品↓
野球は、私の全てです。
どんなに無敵と呼ばれていても、、君には敵わない。
鷹の目とはまさにこのこと執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定 設定を行う場合はこちらをクリック









test
test

おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
139人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らん | 作成日時:2024年2月3日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。