占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:9,651 hit

No.9 任務2 ページ10

モブ「は、はい。何とか…」


ん…?まだ何かいるわ…。


あれは…また下弦ね。


無一郎くんが戦ってるのかしら。


行かないと。


到着…


『えー!もう倒しちゃったの?!私も倒したかった


わ』


無「一体倒したでしょ」


『まあ、そうだけど』


無「帰るよ」


ぐいっ


主:腕引っ張られたよ


『うん…』


移動中…


『あのさ、』


無「なに?」


『無一郎くんって私のこと好き?』


無「は!?な、なんでそんなこと聞くの」


『だって最近冷たいし、私のこと嫌いなのかなって


思って』


無「最近忙しかったから…」


『じゃあ非番の日なにしてたの?』


無「ふ、ふろふき大根食べてた…」


『暇だったんじゃない!私予定ドタキャンされて、


すごく悲しかったんだから!』


無「…A、泣いてるの?」


『え?』


私は自然と泣いていた。


なんで…?


もう感情が抑えられない…


『私、無一郎くんが最近冷たくて、ずっと胸が痛か

った!しのぶちゃんやみつりとは普通に喋ってるの

に、私だけなんか他人行儀で…』


無「…ごめん」


『しのぶちゃん達には普通なのになんで私だけには

冷たかったの?私、私、無一郎くんがしのぶちゃん

達と話してるときすごく胸が苦しかった。』


無「僕も好きで冷たくしてたわけじゃないよ。」


『じゃあ、なんで?』


無「柱稽古があった日、胡蝶さんに言われたんだ。

最近Aへの独占欲が強すぎるって…だから一旦距

離をおこうと思って…」


『え…?そう、なの?』


無「そうだよ。」


『ご、ごめん!なんか私勘違いして…』


ふわっ


私は無一郎くんに抱きしめられた。


『?!////』


無「ごめん嫌いじゃないよ。むしろ好きだ((ボソッ…」


『よ、よかった…』


『私、無一郎くんのこと大好きよ!』


無「…我慢できなくなるから、やめて…」


『え?なにが?』


無「だめだ、鈍感すぎる」


その後私たちは喋りながら帰った。


そしたら色々なことを誤解しあっていた。


解決出来てよかったあ!


あ、そう言えば、嫌いじゃないよの後に何か言って


いたような…?


まあ、いっか!


みつりと炭治郎くんに言わなきゃ!


次の日みつりと炭治郎に話した



み「もうそれ告白じゃない!」


炭「時透くんがそんなに感情を表に出すとは…」


『??まあ、よかった!』



ちょっと意味わからないなー

潜入任務1→←No.8 非番2 任務1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
35人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 時透無一郎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みずたま | 作成日時:2019年10月20日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。