占いツクール
検索窓
今日:76 hit、昨日:607 hit、合計:48,439 hit

【名も無き恋の唄】 ページ34

.

ほんの気まぐれな遊びのつもりだった。

目の不自由なこの女が、どこまで生きられるか、見物だと思ったから。

「綺麗な声……」
「は?」
こいつは僕が鬼と知っても恐るどころか声を綺麗と褒めてきた。
だいぶ頭のおかしい子どもだな。だから親に捨てられるんだ。

でも、こいつはいつだって何度 脅したって屈せず笑っていた。
「手を差し出してくれてありがとう」
「美味しいご飯をありがとう」
ふざけるな。僕の住処で野垂れ死にされたら困るから仕方なくしていることなのに。

自分が分からない。どうしてこいつは僕に付きまとう?

一度だけ、僕の“家族”がこいつを喰おうとしていたことがある。
僕は無性に腹が立ち そいつを切り刻んで殺した。
女は恐怖に震える体を抱きしめている。

「守ってくれてありがとう」
不細工な笑顔。それが僕の心を酷く震わせた。
そして悟ったよ。
こいつは僕無しでは生きられないのだと。

嗚呼、なんて楽しいんだろう。
家族とは違う気持ちが僕の心を満たしていく。

こいつをもっと僕から離れないようにしたら、この心はもっともっと満たされるのだろうか?


「私は貴方の“家族”?」
“家族”?
いや、お前のあり方はそれじゃない。

「お前は“家族”じゃない」

どうして悲しそうに笑う?

それだけで僕の心は抉れて痛い。

素直に家族と呼べたなら、この痛みは消えるのか?
否、それだけではこの痛み 深まるだけだろう。
何故かそう察した。

じゃあ


お前は僕の─────なんだ?




答えは分からぬまま、僕は(くび)を斬られて死んだ。








最期に、お前の笑顔が見たかったな。





想いは音となる前に夜の空へ消えた。

.

続編へ→←番外 其の弐【名も無き恋のうた】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
122人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 薄桜鬼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:タートル | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年12月11日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。