占いツクール
検索窓
今日:273 hit、昨日:341 hit、合計:36,914 hit

第10話 ページ11

NOside

天光丸が言った「関わるな」という言葉は真意なのだろうか…そんな事を知っているものは誰もいない





『シーン・・・』





誰も何も話さない、


いいや、話せない。



翔唯「……そ、そうだ!!」

自ら、空気を良くしようと翔唯は口を開く

鶴「お?急にどうした?!」

他のものは

何をまたし始めるのだ?と、クエスチョンマークを浮かべている

それを知らずに翔唯は

元気よく答える。

翔唯「手入れ!!手入れしてないじゃないか!!」

髭切「……?僕達はけがしてないよ??」

急に何を言い出すかと思ったら

翔唯「いや!天光丸だよ!早く怪我を治してあげた方がいいだろ!!」

……そう…ここの少々審神者は馬鹿なのだ

翔唯「よし、思い立ったらすぐ行動だ!!」

いや、かなり馬鹿なのかもしれない

天光丸「……は??」

獅子王「お、おい!主?聞こえてなかったのか?天光丸が…」

翔唯「ん?聞いてたが??」

…じゃぁ…なぜこんな発想をするのだろうか

三日月「ふむ……天光丸よ手入れぐらいは受けれるか??」

天光丸「……」

…天光丸は悩んでいるようだ

翔唯「…?遠慮はいらんぞ!!(((」

……天光丸が悩んでいる理由が遠慮では無いことは確かだ

童子切「……難しいか??」

天光丸「……いや…あー、スマンが…先程から言っている、"手入れ"とはどのようなものなのかだったか、あまり覚えておらんのだ…」

長谷部「……は??貴様、まさか!?手入れを知らんのか!?!」

まさか、天光丸が手入れを知らない?

元々ブラック本丸だったからしょうがないのか??

いや、普通は知っているはず

天光丸「……いや、知っているし、されたことはある……が、それがどう言うものだったかは、あまり……」

あぁ、今はもうこの世に居ない天光丸の審神者だったものを心底恨む

知らないうちに殺気が皆から溢れる

それに対して、何がおかしいのかすらも分かっていなそうだ

……ここまで酷いとは誰も思わなかったのだろう


……


誰もが覚悟はしていたはずだった

自分たちとは真逆な生活をしていたというのも

翔唯から大まかに説明されていたから知っていた

でも、流石にここまでとは誰も思いもしなかった

石切丸「大丈夫。私たちが守るから……」

石切丸は泣きそうな顔で天光丸誓う

天光丸は、困ったように眉を下げる。

天光丸(お前らがどうにかできる問題ではないのに……)

第11話→←第9話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
33人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 創作刀剣男士
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:長女 | 作成日時:2019年9月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。