占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:43,781 hit

107話 雷門VS.CCC 4 ページ9

 〜話が飛びまして〜


リカ「ローズスプラッシュ!!」


円堂「マジン・ザ・ハンド!」


リカさんの必殺シュートを円堂くんがとめた
そのまま、一ノ瀬くんへとパス



一ノ瀬くんは、敵を交わしゴール前にそして……


 一ノ瀬「スパイラルショット!!」



ピーッ!


角間「ゴール!ついに雷門中、勝ち越した!!」







そこからは完全に雷門の流れ……
ゴールを決めていく



鬼道「A!!」



A「!!」



鬼道くんからパスが回ってきた


A「私だって!」


私はもらったパスをキープして敵陣へ突っ込む





角間「鬼道から青空へボールが渡った!そのまま、ゴール前へ進んでいく!青空、初シュートになるか!?」



円堂「いけ!A!!」


A「スカイブラスト!!」



土洲「はなふぶ……うわぁぁあ!!」


A(そんなんじゃ、私のシュートは止められないよ)




ピーッ!


角間「決まった!!青空!初シュートを決めました!!」

 
ピッピッピ────!!




角間「ここで試合終了!!5−1で雷門中、逆転勝利!!」



円堂「よし!」


春奈「やった!勝ちましたね!」
 

夏未「当然よ!」



壁山「これで一ノ瀬先輩とAさん!いなくならなくて済むっスね!!」(泣


栗松「良かったでヤンス!!」(泣



A「あはは……^^;」



円堂「A!お前、スゲーな!!あんなシュートが打てるなんて!!」



風丸「あぁ、初めて見たな」



A「そうかな……?」


そこへ……


リカ「ダーリン!やっぱり、ダーリン最高やわ!あんなサッカーすごい出来るなんて!!もう、一生離さへん!!」



一ノ瀬「うっ……!」


リカ「もちろん、マイシスターやわ〜!!」



A「えっ……!?」


リカ「ダーリン!マイシスター!」


一ノ瀬「ちょっ、それじゃ話が……!」



A「あはは……^^;」




万博「あんたらメッチャ強いな〜」


「ウチらに勝ったのアンタらが初めてや」


風丸「それを言うならキミ達だって」


円堂「あぁ!効いたぜ!あのシュート!!」


土門「それにあのボールさばきもな!」



目金「このボク達と互角に戦えるなんて……何か秘密があるんじゃないですか?」


CCC「「え!!?」」


雷門「「ん??」」

108話 秘密→←106話 雷門VS.CCC 3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜舞姫 | 作成日時:2016年8月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。