占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:43,780 hit

132話 雷門VS.陽花戸 6 ページ34

角間「0対0で迎えた後半戦!!雷門中!陽花戸中!両キーパーから目が離れられないぞ!!」








ピィー!!




今度は陽花戸中からのキックオフ



角間「まずは黒田が蹴りだしたボールを笠山がキープ!!」


一ノ瀬「はぁぁあ!フレイムダンス!!」


角「雷門!早くもボールをカット!




雷門イレブンが陽花戸サイドに上がって行く!!」


志賀「行くぞ!ブロックサーカス!!」


鬼道「ふっ!」


角間「鬼道!ブロックサーカスをかわして吹雪にパスだ!」


鬼道「吹雪!シュートだ!」


栗松「シュートでヤンス!」


壁山「決めて欲しいっス!」


吹雪(皆がアツヤに期待をしている……)



風丸「吹雪!」


円堂「吹雪!」



吹雪「(アツヤに……ならなきゃ…………違う……ボクは…………
士郎だ!!くっ!!



ハッ!」



吹雪くんはボールを取られてしまった



A(また、迷っている…………)


鬼道「くっ!しっかりしろ!吹雪!」


塔子「いつものあんたなら!一気にシュートしてたじゃん!」


円堂「吹雪…………どうしたんだ……?」


A(みんな…………吹雪くんに頼りすぎなんだよ………………吹雪くんがどんな思いなのかも知らないで……)

133話 雷門VS.陽花戸 7→←131話 雷門VS.陽花戸 5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜舞姫 | 作成日時:2016年8月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。