占いツクール
検索窓
今日:41 hit、昨日:71 hit、合計:46,580 hit

鍾愛 32 ページ33

芥川君と別れてシャワーを浴びて着替えてから中也さんの元へ向かう。


後は報告書を1時間ほどで仕上げて帰るだけなのでドライヤーで髪を乾かした後に邪魔な毛を括って前髪だけ少し整え、唇にほんのり赤色を乗せて中也さんの元へ向かう。


『失礼します。只今戻りました』

「おかえり」

『はい』


執務室に戻ると本棚から書類を探している彼が。私は自分のデスクに荷物を置いて中也さんの所まで行く。


『何をお探しですか?』

「嗚呼、この前任務に当たった異能力者の書類をな…」

『この前…一番最近のだと此れです』


少し背伸びして青いファイルの中から小冊子を取り出す。中也さんは内容を少し確認するように数枚めくってから有難うな、と頭に手を置いた。


「怪我は無さそうだな」

『大丈夫です』


彼は書類を一度ファイルと棚の隙間のところに置くと私の腕を引き寄せて私は彼の腕の中に収まる。

「一寸充電」

最初は先ず驚く。そしてその次は照れる。
この速い心音が彼に伝わってしまわないだろうか。そんな緊張感と共に嬉しさを感じる。


「あー、良い匂いする」

『あ…シャワー入りたてですからね』

「…好き」

『私もです』


甘えてくる彼の頭を撫でる。それにしても彼は付き合ってみると思いの外感情はストレートに口にするタイプだった。もう少しツンデレだと思っていただけに好意を口にされるとかなり嬉しい。

やがて中也さんが離れると充電完了、と笑った。かっこ良い。


『帰還連絡をしに行ってきます』


くるりと扉の方に体を向けると一寸待て、と云われて振り向く。肩に右手を置かれてもう片方は後頭部に滑らせられる。すると中也さんの香水がふわりと香り同時に唇に温かいものが触れた。

一瞬の出来事に何が起きたかわからなかった。

然し、この感触を私は知らぬ訳ではない。自分の唇に熱いものが触れて何が起こったかを漸く理解した後に顔が熱くなっていくのを感じた。


『も、もう!わわ私行きますからね!』

「おう。行ってらっしゃい」


そう云って逃げるようにして部屋を出る。
何なんだろう、あの余裕さは…と色気たっぷりの彼を思い出して心の中で悶える。



(無理…心臓持たない…)






何やらにやけて真っ赤な頬を押さえながら歩く私を目撃した部下が何人かいて、心配されていたと云うのは後々西野さんから指摘をもらって気づいた事だった。

鍾愛 33→←鍾愛 31



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (112 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1707人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 太宰治   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜雪(プロフ) - キャラメル味さん» ありがとうございます!頑張りますね、、、オチ楽しみにしててください! (6月4日 17時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
キャラメル味(プロフ) - オチがしりたいです!これからも更新楽しみにしています頑張ってください! (5月31日 1時) (レス) id: e1584a2181 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 栗芋さん» 私もです(禿同) (3月1日 14時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
栗芋 - 私も中也に心配されてみたい(._.) (3月1日 13時) (レス) id: 56492bf036 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 雑草と花さん» コメントありがとうございます。春雛ちゃん…今後の展開、楽しみにしててください! (1月30日 22時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜雪 | 作成日時:2020年1月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。