占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:253 hit、合計:47,106 hit

鍾愛 23 ページ24

"横田忠弘"


異能力名【魔笛】

___おのれの敵と認識せる時、魔物召喚し敵を惨殺する異能。尚、触発型に非ず___


『此方こそですわ。横田様の創立30周年パーティーに組織代表として参加出来ること…光栄な限りです』

彼の異能を首領直々に預かった書類から一字一句完璧にインプットした。
そして私は手本のように上品な微笑みを向ける。

「…ほう。よかったら一緒に飲まないか?」

『ええ。勿論ですわ』

此処から仕掛けて手早く済ませよう。


_______


少し酒を飲み、一曲ダンスの相手をし、酔ってしまったと胸に倒れ込むと案の定部屋へ誘われた。腰に手を回されて私は彼の方に寄りかかるようにして廊下を歩く。此処までで何も異常はない。


『パーティーはまだ途中なのに…ごめんなさい』

「良いんだよ。今日は君に会う事だけを楽しみにしていたからね」

『横田様…』


とろりと熱い目で見つめると彼は微笑んだ。

静かなホテルの廊下に二人分の足音が響く。昇降機を乗って着いたのはこのホテルで一番良い部屋だと云う、横溝の部屋だった。

スイートルームの広い部屋の中央にあるキングサイズのベッドに寝かされる。

横溝がスーツを脱いでハンガーにかけている時に熱いですね、と火照った体を冷ますようにパタパタと身体を仰ぐ。横溝はニヤリと口角を上げた。

寝台に一歩近づく。そしてもう一歩。まだだ。私はするりとドレスをめくるようにしてホルスターからこっそり拳銃を抜き出す。

彼がシーツを握って跨った瞬間の事。


『ねぇ、横田様_______』


異能力【姿ありけり】


「なッ…!」


黒髪で、血のように赤い唇の女に魅せる。
そうして一瞬怯んだ所をすかさず発砲。こんな近距離で打ったのだ。失敗する訳ない。

が、私は嫌な予感がした。
そして次の瞬間避けると先ほどまで私が寝ていた場所には銃弾が貫通していた。


「おや、ポートマフィア準幹部殿。調査不足も甚だしいね」


私が発砲したはずの弾はどこにもない。彼は無傷だった。これは、どういう事なのだ。


「…君の三文芝居に付き合うのももう終わりだ」


その瞬間、寝台に仕掛けられていた機械が私の四肢を拘束し寝台に縛り付けられる。
ぐっと力を込めても非力故に全くびくともしない。


「暴れても無駄だよ。却説、毒入り兎をひっ捕らえたところで私は今から予言をしようではないか」


____二十四時間後、君は必ず死ぬ_______

鍾愛 24→←鍾愛 22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (113 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1709人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 太宰治   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜雪(プロフ) - キャラメル味さん» ありがとうございます!頑張りますね、、、オチ楽しみにしててください! (6月4日 17時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
キャラメル味(プロフ) - オチがしりたいです!これからも更新楽しみにしています頑張ってください! (5月31日 1時) (レス) id: e1584a2181 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 栗芋さん» 私もです(禿同) (3月1日 14時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
栗芋 - 私も中也に心配されてみたい(._.) (3月1日 13時) (レス) id: 56492bf036 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 雑草と花さん» コメントありがとうございます。春雛ちゃん…今後の展開、楽しみにしててください! (1月30日 22時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜雪 | 作成日時:2020年1月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。