占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:164 hit、合計:121,773 hit

No.72 みんなに協力を ページ25

.


ー忍sideー


あたしは昨日のAの姿を見て

今までのことを振り返った


それでやっぱり、Aは虐待を受けてるって思ったんだ

そしたら今までのAの言動もすじがあう


Aの虐待のこと、こいつらに言うんだ


このイナズマジャパンのこいつらなら、

大丈夫だって思えるんだ


だって、こいつらとサッカーしてる時のAはすごい楽しそうにやっていたんだから___



.




ガラッとドアを開け、「遅れてすまない」と言いながら入ってきた鬼道


忍「…これで全員揃ったね」

あたしはみんなの前に立ち、全員から視線を送られる



ごめん、A

余計なお世話かもしれないけど…


『忍ー!』


あたし、あんたを助けたいんだ



忍「ごめんな、もう夜なのに集まってもらって」

円堂「全然平気さ!それより話ってなんだ?」



忍「Aのことなんだ」


豪炎寺「!!」


顔を俯かせていた豪炎寺が顔を上げてあたしと目を合わせた

きっと豪炎寺のことだ。察せたんだろう



忍「…Aは、親から“虐待”を受けてる」

「「!!?」」


木暮「!……」

鬼道「(!…やはり……)」


あたしは“たぶん”とか“きっと”という曖昧な
言葉は使わずに伝えた


これでもし本当に虐待を受けてなかったらかなり恥ずかしいが、でもあんなAの姿を見て
“虐待じゃない”なんて思う奴なんていないだろう



円堂「そ、それほんとか!?」

目を飛び出すかのようにそう言ってきた円堂

あたしは黙って頷いた


忍「…Aは毎週土曜日に虐待を受けているんだ

だから土曜日は早退するし
日曜日は遅れてよく来てただろう?」


「「!!…」」


秋「……そんなっ…
お母さんやお父さん一緒に?」


豪炎寺「父さんだけだ。

あいつの母さんは離婚して今はいないんだ」

木暮「!!」


不動「なんで虐待されてるとかわかんだよ」

えらそうに口を開く不動


忍「……昨日、見たんだ。

Aが傷だらけの姿のところを」


鬼道「ジャージを着ているのはそれを隠すためだったんだな」


忍「ああ」

鬼道は腕を組み、無言で顔を俯けた


忍「助けるのは、アジア予選決勝戦が終わったらがいいんだが…協力してくれないか?」


土方「もちろん協力するぜ!!
家族に虐待なんてする奴なんて許せねえよ」

忍「!ありがとう」


みんなも土方の言葉に頷く



ヒロト「じゃあ作戦とかあるのかい?」


忍「ああ。考えてきた」


.

No.73 作戦→←No.71 まさか…



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (69 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
110人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , 豪炎寺修也   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:るぅ | 作成日時:2017年9月26日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。