占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:4,027 hit

(水)「4話だぞ。」『あっセリフ取られた…』 ページ6

中也「失礼します。」

!!中也が来た!!
却説!どれだけちびなのだろうね?←

ガチャっ

中也「首領。報告に上がりました。
……増えてる?」

嗚呼!目が合った!!
カッコイイ!イケメンやァァァァァ!!←←

『どうも!森さんに拾われた人です!』

と、まぁ…哀れみの目を向けないで呉れたまえ…
悲しくなるだろう?

水「私…フリルとか苦手…」
『私も…苦手だよ…』

森「一寸でいいからあああああああ!
来ておくれぇぇぇぇぇぇ!」

『たすけてぇぇぇぇえ!!』
水「幼女趣味が追いかけてくるぅぅぅ!」

カオス☆

中也「首領。報告してもいいですか(^ω^#)」
わーすごーいwww


森「嗚呼。悪いね…あ、此方の子は
神崎華夜ちゃんと、里莉水
ちゃんだよ。
二人とも、この人は中原中也君だよ。」

『中也お兄ちゃん?(蛞蝓?)』

カッコの中身がひどすぎるのは
気にしないでくれw

水「中ヤンヤンつけボー?」

おいwwwそれは
トリップする前に作ったあだ名だろwww

やめいwww

森「(´^ω^`)ブフォwww」

中也「可愛い。」←←

んんん?中也ってこんなキャラ?
んんんんんんん?

んんんんんん?
まぁそんな感じで報告した後に、
森さんが爆弾発言をした。

森「そうだ!!この子達を
双黒の補佐にしよう!!
ここに居る限りは仕事を
こなさなければならないからね!!」

だ、太宰さんの補佐だって?!
やるしかないじゃないか!!

中也「で、ですが!!」
まあ10歳だからね…
体術はどうなんだろう…
前は結構やれてたけど…

1回この壁叩いてみようか。

ドンッ!

『あ…穴空いた☆』←←

森「ほら。
こんな簡単に防御壁ぶち抜くくらいだし☆」

中也「もうなにも突っ込めねェ…」←←


と、言う訳で私と水は双黒の補佐に
なった訳だ!


…異能って何かな。

6話!→←3話…口調疲れたのでね、ここで休憩させてくれ←←



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.8/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
18人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , トリップ , ギャグ+少々シリアス   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 私も (12月18日 20時) (レス) id: 392bac1abb (このIDを非表示/違反報告)
真綺 - 夢主のイメ画見れてないの私だけ? (6月8日 16時) (レス) id: 6937c13b09 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:成瀬華夜 | 作成日時:2018年9月5日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。