占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:6 hit、合計:54,220 hit

24話 ページ25

ぼんやりと昔の事を想っていると男子陣は仕事を終え雅兄にもう一回勝負をしろと申し出た

滝「残念。
こういうのは一回やるのがいいんだ」

滝「やるとしてもまた今度な」

海斗は不満げだ
静弥も納得いっていないようだ

静「こんな悪ふざけいつまで続けるつもりですか」

滝「そりゃ未来永劫に決まってる」

白「そんなの御免ですわ」

乃愛は挙手をして雅兄に申し立てた
よっぽど下僕になりたくないらしい

雅兄はひとつ笑いこう言った

滝「…なんて嘘に決まってるだろ?ん〜…そうだな…今日と再来週の三日間限定ってのはどうだ?」

遼「三日間…?」

滝「そう、つまり…合宿だ!」

それを聞いて湊と静弥はポカンと口を開けた

滝「合宿はいいぞ〜。
何たって集中出来る上達が見込めるしチームワークも向上出来る

食事はカレー、BBQ
夜には怪談だってついてくる…どうだ?」

雅兄の話が進む事に皆の表情は呆然から明るくワクワクする様な表情と変わっていった

(怪談は要らないよ…)

海「雅さん!俺行く!」

七「すいません、俺デートの予定入れてたかもです」

七緒よく正直に言えるな…というかデートって・・・

滝「そうか、残念だったな七緒 また今度」

七緒は止められると思っていたのか驚きの声を上げる

七「えっ!?…引き止めないの?」

滝「来る者拒まず去るもの追わずの自由参加だ」

流石は雅兄
そういう所は相変わらず変わってない

湊「俺…参加したいです」

滝「場所は俺の神社の弓道場な」

滝「食費は部費から出していいって森岡先生が言ってくれたからな」

遼「BBQ!」

静弥と遼平も了承した

「私も行く〜!泊まりも大丈夫!」

滝「お前は聞くまでもないだろ…」

連休中は基本的に雅兄の神社に入旅っている私は完全に関係無かったらしい

七「うぅ〜…やっぱ俺も!」

羨ましくなったのか楽しそうだと感じたのか七緒も結局参加するようだ

女子達は参加する方向だが泊まりな為両親に許可を得てからにするそうだ

滝「じゃあ、各自準備よろしく
あと当日ゲボTもよろしくな」

手を挙げたままの下僕達を一瞥してそう言った

男子「「「は、はい…」」」




.

25話→←23話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
126人がお気に入り
設定キーワード:ツルネ , アニメ沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:卯月@スイ | 作者ホームページ:http://weareasas  
作成日時:2018年12月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。