占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:64 hit、合計:16,025 hit

最終選別 ページ3

ついにこの日が来た。



どくどくと五月蝿い心臓をぎゅっと押さえて、私は藤の花が咲き乱れる階段を登っていく。


今日のために血反吐を吐くような修行をした。


育手の父を失ってから一人で家にある本を読んで呼吸の勉強をし、毎日素振りを千回。

雨の呼吸の起源となった水の呼吸についても本を読み、実際に育手の方に指導をしてもらった。


もう大丈夫、きっと一人で鬼を斬れる。


そう判断してここまで来た。



藤襲山。ここが鬼殺隊入隊の為の最終選別が行われる場所。


そして、多くの若い芽が鬼に喰われて死んでいく場所。

お面の少年→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (78 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
226人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸 , 竈門炭治郎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

希乃(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!現在続きを執筆中ですのでしばしお待ちを…! (5月20日 7時) (レス) id: 2c5a503106 (このIDを非表示/違反報告)
あかり - とっても面白いです!続きも楽しみにしています! (5月18日 23時) (レス) id: f66f75f695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:希乃 | 作成日時:2019年5月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。