占いツクール
検索窓
今日:41 hit、昨日:123 hit、合計:65,873 hit

27話 ページ29

卒業式になり私は式典に出ていた。
先生に言われたあの言葉。
あれは本心だ。
期待を裏切らない...優等生。
そういうイメージがある私が先生に告白なんてしたら裏切ってしまう。
たとえ卒業した後でも。
なら、想いは隠していかないといけない。
横目で教職員の席を見ると髭を剃って髪をハープアップにしスーツ姿の先生を見てはつい見惚れてしまう。


(先生を見るのもきっとこれから1年に1回とかごく稀になるんだろうな)


でもその方がいい。
先生への気持ちを隠すためには...捨てるためには離れていた方がいい。
式を終え教室で最後のホームルームを終えては私達は校門へと向かっていった。
私は荷物を持って皆より少し遅れて行くと校門にはA組の皆がいた。


『皆...』

飯田「せーの!」

A組「卒業おめでとう!」

『...ありがとう』


まさかみんなが来てくれるとは思っていなかったから嬉し涙が止まらなかった。
そんな私を見て女子の皆が泣きながら駆け寄ってきてくれてギュッと抱きついてきた。


芦戸「絶対また会おうね!」

葉隠「連絡するからね!」

『うん...また会おうね』


一人一人の頭を撫でてあげて前を見ると男子を数人涙を流しているのを見てはクスっと笑う。
ふとその後ろの方に相澤先生が少し微笑んでたっているのを見ては頭を下げた。


『じゃあみんな...頑張ってね...私は先に行ってるから』

緑谷「うん!すぐに追いついてみせるよ!」

『うん!』


私はみんなに見送られながら雄英を後にした。
それから数日後から私はギャングオルカさんの元で必死に頑張った。
学校では学べてないことが沢山あった。
それと同時に雄英にいたおかげで活躍できることも多かった。
あまり休まずただひたすらにがむしゃらに食らいついていったおかげかあまり相澤先生のことを考えずに済んでいた。

28話→←26話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (77 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
173人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 完結おめでとうございます!デート中にA組に遭遇とかしてほしいです (5月18日 22時) (レス) id: 683b468af3 (このIDを非表示/違反報告)
Ramu24(プロフ) - 完結おめでとうございます!番外編もみたいです! (5月18日 18時) (レス) id: 9d8e6e9190 (このIDを非表示/違反報告)
*泡姫*(プロフ) - Ramu24さん» コメントありがとうございます!誤字のご指摘ありがとうございます!直ぐに修正させていただきます<(_ _)>皆様に楽しんでいただけるようこれからも頑張って更新していきます! (5月15日 19時) (レス) id: dc26dd299b (このIDを非表示/違反報告)
Ramu24(プロフ) - あの、初めまして。気になったのでいいですか?25話の最後あたりの、「お礼を言う」が「俺を言う」になってますよ!間違ってたらすみません!このお話、推しがメインなので大好きです!これからも頑張ってください!失礼しました! (5月15日 18時) (レス) id: 9d8e6e9190 (このIDを非表示/違反報告)
*泡姫*(プロフ) - るいるい**さん» コメントありがとうございます!素敵なお言葉を頂き昇天しそうなほど嬉しいです(^-^)これからも皆さんに楽しんで頂けるように更新頑張っていきます! (5月15日 0時) (レス) id: dc26dd299b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:泡姫 | 作成日時:2019年4月23日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。