検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:2,723 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]






ときどき、不安になることがある。






今の喜びが
幸せが






急に私の前から消えてしまいそうな、
そんな不安に襲われる。







もしかしたら、今の私の幸せが、誰かを傷付けてはいないかと、
そんな不安に怯えている。











ねえ、先生。







不安に押し潰されて泣きじゃくっていた私を抱きしめてくれた、先生。









先生は、私に出会えて幸せでしたか。









そんなことを聞く勇気もないけれど






確かな事があるとするならば、











私は、先生に抱きしめてもらえて幸せでした。









***





こんにちは!坊です!



さあ!続編第二弾!素直に嬉しい!




まだ読んでないよー、って方はこちらから↓

獣の少女は駆けてゆく【ヒロアカ】【相澤消太】




(名前)ちゃんも先生のことを段々と意識し始めますよ!ここまで来るまで長かった😭




さあ、デート(?)編が始まります!




では、お楽しみ下さいー!






追記

評価の星(?)を何とか色付きにしたいので、ぜひ評価ボタンを押して下さい!お願いします!
 執筆状態:連載中

シリーズの最初から読む


設定を行う場合はこちらをクリック




test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.25/10

点数: 9.3/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年6月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。