占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:14 hit、合計:35,024 hit

09 ページ9

.








確かに猫は水が嫌い。クロだってお風呂に入れる時はかなり苦労してた。人間になってもその習性残ってんの…?








「お風呂嫌い!」








部屋の隅っこに小さくなって訴えかけてくる。でも人間なら1日1回はお風呂入らないと。そんなような事を伝えるとユーキはなんだか目をうるうるさせながらぽつりと呟いた。









「じゃあAがお風呂入れて…」

「は?」

「自分で入るのは無理!」







なんとワガママな……私がお風呂に入れるって…







結局。









「痒いところないですかー」

「んー…ない…」







目隠しをしたユーキは湯船に浸かって、私は一応Tシャツとハーフパンツで彼の頭を洗う。ユーキはというとパシャパシャと湯船の水で遊んでいた。なんだろうこの状況……




……腕細いなあ。いや、細いけど筋肉質。なんか背筋もすごい。…って……








「……いや!!見てない!!」

「なにー?」

「なんでもない!!」








無事お風呂を終えて、服を着てタオルを頭にかけたユーキはぺたぺたとリビングへ戻って行った。…そういえば服もあのままか……




別の服もあった方がいいよなあ、とか色々考えながら自分もお風呂を済ませて、リビングに戻るとユーキはタオルを頭にかけたままテレビに見入っていた。







「ねえ見て見てA、」

「わかったから髪乾かさないと。風邪ひくよ」







タオルで髪をわしゃわしゃ拭いてやると、目をぎゅーっと閉じてる。あ、なんか可愛い。体育座りする彼の後ろに回り、ドライヤーのスイッチを入れた。ふわふわとしてて触り心地のいい髪。









「Aと同じ匂いする〜」







乾かし終わるとご満悦そうに言った。くるりと向きを変えて私と向かい合ったユーキは私の髪をまじまじと見てにっこり笑った。








「次は僕が乾かす!」







.

10→←08



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
384人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , ユーキ , 村田祐基
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

エリンギプール(プロフ) - 続きが気になります! 大変だとは思いますが、更新待ってます! 頑張ってください (12月15日 23時) (レス) id: b1e7a3c80b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な な . | 作成日時:2018年10月10日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。