占いツクール
検索窓
今日:29 hit、昨日:105 hit、合計:29,552 hit

. ページ25

.







みんなが買い物を楽しむ中、どうもAのことが気になってしまっていた。





さ「ころん」


こ「あ、ごめ…「Aのこと見てきてくれないか?」


こ「え?」


さ「ずっと既読つくけど返信が来ないんだ。
A、既読無視は絶対しないだろ?」


こ「じゃあさとみくんが…」


さ「お前に行って欲しい。頼む。」






さとみくんの目が、全てを物語っていた。





こ「うん。行ってくる。

ごめん、僕ちょっと忘れ物したから取ってくる!」





り「え、ちょ、ころちゃん!」


ジ「ころん!」


な「…」






タクシーを待つ時間でさえ勿体なくて、ショッピングモールから家まで車で45分の距離を夢中で走った。









バンッッ






こ「A!!!」






大きな物音を立てて家に入ったがなんの音も聞こえない。




1階には誰も居ない。





こ「A?入るよ?」








ゆっくりと、ドアを開けた。





『こ…ろん、?』


こ「A!大丈…夫…、?」





Aは無事に部屋に居た。
だが、僕の目にうつっていたのは、Aの口から出たであろう、









白い小さな花だった。

.→←第3章



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
120人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , 歌い手 , さとみ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sky | 作成日時:2019年1月21日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。