占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,041 hit

第163話「妹のような」夢主 ページ23

薄暗く、長く居たいとはとてもじゃないが思わない。
そんな雰囲気の場所だ。

「……突き当りの個人牢に収牢されて居ます。……本当に善いんですか、一人で?危険では?」
「有難う御座います、安吾さん。……大丈夫ですよ。私を何だと思ってるんですか?」

心配そうに私にそう云う安吾さんに対し、私は少し呆れた声でそう云うと、安吾さんはぽかんとした顔になったあと、とても真面目な顔で一言云う度に指を一本折っていく。

「太宰君の為なら盲目で、真っ直ぐが過ぎる(・・・)。其れから……」
「ちょっ!まっ、待って下さい安吾さん!私そんな風に思われてるんですか!?え!?」
「はい。貴女は僕達三人の妹のような存在(・・・・・・・・・・・)でしたから。」

「三人」という単語に、私は動きを止める。
太宰さんと、安吾さんと、其れから…

「……いろはさん?」

私は、彼の人を、彼の人の事を……殺___

「いろはさん!……如何したんですか、急に。」

私の両肩を掴んでそう云った安吾さんは、心配そうな……私を気遣うような表情をしていた。
私は我に返ると、俯く。

「……何でも有りません。手、離してください。」
「でも___」
「離して下さい。」

私は睨むようにもう一度そう云うと、怯んだ様に手を離した安吾さんを背に、歩いていく。
申し訳ないとは思っている。有難いとも。

けれど……私は、人を選ばなくちゃいけない。
護れるだけの人数を。
護れない人は近づけてはならない。

私には、力が無いから。
二度と、彼の様に私のせいで殺しちゃいけないから。

私は、鏡花ちゃんが閉じ込められている牢の前まで来ると……足を止めた。
鏡花ちゃんからは、私によく似た匂いがしていた。

第164話「夜叉白雪と女王」夢主→←第162話「太宰治の恋心」太宰治



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。