占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:7 hit、合計:19,084 hit

21 ページ22

「みんな、ありがとう。」

素直にお礼を言いたくなった俺。

食べ終わった時間が次の撮影現場に行く時間になったから、今度は徒歩で移動になった。

その後も撮影はスムーズに進み仕事が終わった。

家に帰り、以前使っていたスマホの電源を入れてAの画像を探す。

いくつかの画像を見てると、すべてに共通するものがあった。

それは、ピアス。 アクセサリーって気分でつけたりするけど、Aはずっと同じだった。

一緒にいた頃は気にもしなかった。

シルバーで雫のカタチをした黄色い石とクロス…。

俺なりに探してみようと、スマホでググると rose stone と出てきた。

とりあえず、グループlineにAと一緒に写る画像を添付した。

恥ずかしかったけど…。

北『画像見る限り付き合ってるようにしか見えないな。』

二『ラブラブだな。』

言われると思ったんだ。だって、改めて見ると自分でも思うから…。

千『デビュー前の玉だ〜』

『うるさい。これで、探せるだろ?』

藤『そうだな探せるな。』

横『名前聞いてなかったな。』

『名前は、須藤A』


これから、数日は個人活動になるからメンバーと会わない。

22→←20



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定キーワード:Kis-my-ft2 , 玉森裕太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:saryu | 作成日時:2020年4月5日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。