占いツクール
検索窓
今日:132 hit、昨日:156 hit、合計:51,153 hit

・・・6 ページ6

「ちょっと熱計ってみ?」


つつかれていた体温計を差し出され、比与太はそれを受けとり

脇に挟みました。


チッ。。チッ。。チッ。。。ピピピピッ!


数秒後にアラームが鳴り、体温計を取り出すと

明け方、あなたが比与太の体温を確認した通り

熱は平熱より少し高いくらいにまで下がっていました。



「もう大丈夫だなっ」

比与太「・・うん」

「お腹は?」

比与太「あぁ・・・空いてる」

「ご飯作ったから食べる?」

比与太「ありがとう。食べる」

「じゃぁ、顔洗って来い」

比与太「うん」



比与太が思い描いていた甘い朝とはかけ離れたものでしたが

それでも、普段よりは優しく感じて

比与太は素直にベッドから降りると、顔を洗いに洗面所に向かいました。


そしてあなたは、キッチンへ向かい

比与太の食事の用意を始めます。



比与太「はぁ〜。。。」


顔を洗い終えて、鏡を見つめる比与太


熱が下がったのは良かったけれど

あなたがもう帰ってしまうのだと思うと、ため息が出てしまいます。


ゆっくりとした足取りでリビングに向かった比与太


キッチンに目を向けると、そこには食事の用意をするあなたの姿が



比与太「っ・・・」



自分の部屋のキッチンであなたが料理をしている

という現実を改めて感じると、あなたの事をより一層愛しく感じました。



「出来たぞぉ〜」


トレーにお粥とスープを乗せて、あなたがキッチンから出てきました


それを嬉しそうに待つ比与太


比与太「良い匂い♪」

「食べて良しっ!」

比与太「いただきますっ」



テーブルに置かれたお粥にスプーンを入れると

淡い、なんとも言えない優しい色をした卵とお粥が湯気を立てていました。


パクっ!。。。モグモグ


比与太「あっ!旨いっ!」

「ふふ〜ん♪」



美味しそうに食べる比与太を見ているあなたは満足そう。

それを見る比与太もまた、嬉しそうです。



比与太「Aちゃん、料理出来たんだね!」

「私をなめんなよ?」

比与太「あっは(笑)ごめん!いっつも食べてるAちゃんのイメージが強いからかなぁ〜?」

「人を食いしん坊みたいに・・」

比与太「あははっ(笑)だって!いつも美味しそうに食べてるからさぁ〜」

「食べるのも、作って食べるのも好きなのーっ!」

比与太「っは(笑)どっちも結局は食べるんだね(笑)」

「なんか文句ある?」

比与太「っふ(笑)ないです」



楽しい朝食の時間…

・・・7→←・・・5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (78 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
144人がお気に入り
設定キーワード:アホ妄想 , 比与太 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - alexisさん» ぴよた、人並みになってきましたね( ´艸`) (2月16日 2時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
alexis(プロフ) - 裕さん» この微妙な関係性……( ̄∇ ̄) ぴよたょ、人はそう簡単に変われないけれど、一途なところを持ち合わせるヒロインに惚れさせることは〜〜〜〜? (2月13日 20時) (レス) id: 25d3b6e52c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - alexisさん» まだ『好き』が無い時点での『努力』ですけど(笑) (2月12日 20時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - みぃなさん» ちょっと独特ですけどね〜(笑) (2月12日 19時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
alexis(プロフ) - 裕さん» ちょっと、誠実になろうとしてるところが認められた、かな?( ̄∇ ̄) 頑張れぴよた!頑張れヒロイン← (2月12日 12時) (レス) id: 25d3b6e52c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://id29.fm-p.jp/279/jjhh/  
作成日時:2020年2月8日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。