占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:24 hit、合計:16,774 hit

天使、天遣、あまつか ページ9

「自分の名が嫌いでした、あまつかなんて、嫌いでした」




「私は嘘つきです、天使じゃないのですよ」




そしてひとごろし。




「師範…?」



なのに。



なのにどうして…?


今、抱きしめているの?





私は人殺しなのに


罪や罰で汚れているのに。




どうして…?



「師範、しはんっ…伊黒、おばないさま…」



ただ、泣き喚く私を師範は抱擁した。






嬉しいんじゃない。

与えられなかったそれが今、ひしひしと伝わる。



愛ってなあに?


私を抱きしめてくれる、手を繋いでくれる優しい手?



毎日、愛を囁いてくれるあたたかなもの?



いいえ、いいえ違う。



今、私を黙って何も言わず抱きしめてくれるこの人こそが愛だと。



私は今感じた。




「俺を許せ」




あぁ、こんなにも優しい。



そして首に刺さる痛いもの。



ひとごろしを赦さない蛇は。



わたしに噛み付いた。





嗚呼…






「小芭内さま」

君は天使→←ひとごろしの記憶



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
21人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 伊黒小芭内
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いぬお(プロフ) - 露亞さん» あ"り"か"と"ぉ"こ"さ"い"ま"す"伊黒さんほんとしんどいです (12月30日 13時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
露亞(プロフ) - 最高。伊黒さん尊い… (12月30日 12時) (レス) id: 5fe7b44b45 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いぬお | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2019年12月27日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。