占いツクール
検索窓
今日:2,694 hit、昨日:6,115 hit、合計:904,032 hit

第39話 ページ42

.


彼女からは、鈴の音のような…優しくて柔らかくてか細くて…少し特殊な音が聴こえる。

そう、普通の人とは違う…――。



「Aちゃん!」



夜。いつもなら帰ってきてもおかしくないはずの時間だったのに、一向に帰ってこないAちゃんが心配で、気が気じゃなかった。



「なぁ、炭治郎、伊之助。Aちゃん遅くね?」

「そうだな…今日はどこか遠くなのかもしれないな」

「え?何でそうなるの?怪我してるかもとか考えようよ?」

「じゃあどっかでくたばってんじゃねーの」

「てめぇは黙ってろ!!」



意味わかんねえ!とキレる伊之助に俺もキレていれば、遠くで聞こえてくる声。

…あれ、この声…。



「(Aちゃん…だよな?しかも近くだ、すぐ近く…。もしかして今帰ってきたのかな…)」

「…嫌な匂いがする」

「え?」



そう言う炭治郎に、一気に不安に駆られた。



「行くぞ!炭治郎!伊之助!Aちゃんが危ない!」

「え!?」

「はあ!?なんで俺まで…」

「いいから!!」



と、刀を持ち2人と共に門扉へ向かう。



「Aちゃんの声がしたんだよ!早く行くぞ!」

「待ってくれ善逸!もし外で何か起きてるなら慎重に行かないと…」

「猪突猛進!!」



扉を開けようとした時だった。

…なんだ、この音、なんか…。

ドォオン!



「「!!」」

「…本当に強くなったんだね…けど…」

『げほっ…』

「Aーーっ!」

「身を滅ぼすようなやり方は、私は好まないなぁ」

『かはっ…』



色の白い彼女から零れる真っ赤なそれ。

華奢な身体を貫く細い刃。



「何をするんだ!お前!!」

「ああ、お目にかかれて光栄だよ、竈門炭治郎くん。それに我妻善逸くん、嘴平伊之助くん」

「てめぇ!Aを離しやがれ!」



ふふふ、と笑う男は、不気味だった。

…コイツ、なんだ、人間の音がするのに…なんか違う…。



「(聴いたことある音が…)」

「彼女、この後意識失うけど気にしないで。睡眠薬なだけだから。でも止血はしてあげて欲しい」

「待て!」

「じゃあね、Aをよろしく」

「おいこら!」



男はAちゃんから刀を抜けば、その勢いで彼女を放り投げる。



「Aちゃん!」



咄嗟に抱きとめ、ひたすら名前を呼ぶも、げほっと血を吐いたきり、返事がない。

炭治郎と伊之助は刀を抜いて男を追おうとするも、強い風が吹いた途端、男は消えた。



「一体なんなんだ…」

「と、とにかくAちゃんの傷を塞がないと!」

第40話→←第38話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (377 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
976人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。