検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:4,047 hit
生き物は皆何時かは死ぬ。





生まれた瞬間から、私たちは命の燈を燃やし続け





残りの人生最初の時を過ごしている。




死が何処にあるか、何処まで迫っているのか。




其れは誰も知り得ない。




『だからこそ、




精一杯楽しもう。


精一杯悲しもう。


精一杯、生きよう』






───
・初心者です
・二次創作です
・捏造多いです
・盗作はやめてください
・アンチコメントはやめてください
・亀更新です
・作者は豆腐メンタルです。豆腐メンタルです!
・高評価宜しくお願いします執筆状態:連載中














おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- とっても面白いです!!続き楽しみにしてます! (12月3日 21時) (レス) id: b3496c9ef0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片時雨 | 作成日時:2023年10月31日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。