検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:578 hit
その6人は突然私の目の前に現れた。

「貴方達は誰?」

そう言うと彼らはこう答えた。

「貴女のお父様…旦那様から貴女のお世話を頼まれました…おかえりなさませ、お嬢様」

「俺達6人は貴女の執事です、お嬢様」

この日、私には6人の執事が出来ました。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

楓乃子です!

いやお前何回作り直ししてんねんって話ですよね。

でも消してる分まだ管理できる数を維持してんのはまだマシかなと。

もうそろそろ佳境に差し掛かってるところで煮詰まってる作品の息抜き程度で作ってます。

こんな不定期更新・誤字脱字ありでまたいつ消えるかも分かんない作品ですから。

それでも少しの暇つぶしにでもなれば幸いです。

でもコメント、評価、お気に入り、ハート、心よりお待ちしております。

※色々とモチベが保てそうにないので強引にですが終わらせます。執筆状態:完結






































おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定タグ:楓乃子 , stpr
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:楓乃子 | 作成日時:2024年4月15日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。