占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:90 hit、合計:227 hit
.





「 あ、うちの審神者は一級品なんで。
任してください。あ、はい。大丈夫っす 」




「 ………はい?? 」




さも古参審神者の様な紹介をされた新人審神者(プロゲーマー)のドタバタ奮闘苦悩録。





────────────────────


掛け持ちごめんなさい
だってほのぼの書きたかったんです。
ほのぼの系書けてないんだもの

某大手事務所に所属してるぶいの豚がマネしてるヒモ吸血鬼と猫抱えてるその相方が大好きです。本編読めばわかる人にはわかります。


それじゃ本編どうぞ。執筆状態:連載中











おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , とうらぶ , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:@ | 作成日時:2019年2月10日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。