占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:29,373 hit

5話 ページ5

どこでご飯を食べようと思っていたが、
良い案が思いつき、自分のご飯とデザートを持ち、
2人に加州君の所まで付いて来てもらった。





「加州君
主連れて来たよ」





あ、主って呼んでくれた

なんて嬉しく思った。



一瞬ピリッと加州君ではない、
誰かの殺気を感じた後

はぁ〜い、と間の抜けた声が聞こえた。





「なぁ〜に、どうしたの」

ーご飯食べたいから、
布を外して欲しくってー





じゃあ部屋戻ろっか、
と彼は言って、私達は審神者部屋に足を運んだ。



部屋につき障子を閉めると、
私は向き合う形になり、彼が布を外すのを待った。


加州君は私の後頭部に両手を回し
結んだ布を外そうとするが、中々取れないらしく
取れないなぁ〜と呟いている。



にしても、本当に彼は綺麗な顔をしている。

陶器の様に白い肌に長いまつ毛
その下にはルビーの様に紅い瞳が隠れている





「あ、やっと取れた
………何、そんなに見つめて」

「綺麗だなって、思って」





そ、っと彼は素っ気なく返し、
畳に胡座をかいた。


私は持って来たご飯を自分の前に、
そしてデザートのアイスを加州君の前に置いた。





「私が作った物なんだけど………
良かったら食べて?」

「………………いただきます」





彼は訝しげな顔をし、
私の顔を見た後食べ始めた。


彼も一口食べると、子供の様に顔を輝かせている。



私が食べ終わる頃、彼も食べ終わった。





「「ごちそうさまでした」」





加州君は一瞬、何かを考えている様な顔をした後、
猿轡にする布を持って言った。





「…………ほら、来なよ」

「うん」

「さっきのデザート…………その、ありがとね
美味しかった」





少し照れながら言う彼は可愛くって、
つい顔が綻んだ。

しかし、彼はそれを隠すかの様にまたきつく布を結んだ。

6話→←4話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
61人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , とうらぶ , 加州清光   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤羽美海(プロフ) - 槝さん» コメントありがとうございます!!私的に三日月よりも初期刀の加州に「自分は1番古株だから、どんなに苦しくても頑張らなきゃ」って思ってたら萌えるな、と思い作りました。私も楽しく書かせてもらっているので、楽しいの共有が出来て嬉しいです! (2018年9月14日 18時) (レス) id: 49475d5f9c (このIDを非表示/違反報告)
- 楽しく読ませて頂きました!ボス=三日月が多いのは同感です、自満で小説書くくらい思ってたので共感者がいて嬉しかったです* (2018年9月14日 7時) (携帯から) (レス) id: 46e1741f78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤羽美亜 | 作成日時:2018年7月25日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。