占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:13 hit、合計:4,877 hit

3 ページ6

はーい、ここから僕sideでいくよ!
分かると思うけど、僕の名前は江戸川乱歩。さっき、電話で話してた相手だよ。

もうそろそろAさんが着く頃かな?
国木田君と僕は面識あるけど、残りの社員は知らないと思う。

皆、驚くだろうな。社長にあんな美人の妹がいると知ったら……


すると、ガチャッと扉の開く音とともに大人びた女性が入ってくる。


「乱歩さん、国木田さん、お久しぶりです」

にこりと微笑みながらいう彼女こそ、社長のいもうとである。それにしても、本当に似てないなぁ…

国木田君曰く、怒ると社長以上に恐ろしいらしいが僕はまだ怒った姿を見たことがない。


「お久しぶりですね、おかえりなさい 今日は非番ですか?」
「国木田さん、私の口調は気にせず普通に話してください えぇ、上司から暫くゆっくりして来いと言われましたので、甘えて有給取っちゃいました」


僕も含めた3人で感動の再会で盛り上がってると、太宰君が目を見開き彼女を凝視している。



「……何故,貴女がここに?」
「だから言ったでしょう? 有給取っちゃいましたと ここは私の実家です」


彼女は太宰君の傍に寄ると、お互い火花を散らしていた。あれ、これもしかして修羅場? にしては太宰君……少し嬉しそう。

「そちらこそ、どうして……ってなるほど そういう事ですね」

「ところで、乱歩さん 人虎の少年とは…」

自己解決すると僕に敦君の事を尋ねようとするも…
「話はまだ、終わってません “A”さん、ちょっと…」

太宰君は彼女の言葉を遮ると乱暴に扉を開け、探偵社を後にする。入れ違いに社長がオフィス内に顔を出す。


「…今、妹の声が聞こえたような気がしたが、気のせいだったようだな」
「ううん、気のせいじゃないよ さっきまでいたけど太宰君が連れ去った」

乱歩さん!と国木田君が慌ててるけど、僕はそれを無視してド直球に説明する。だってその方が面白くなりそうだしね!


説明を終えると社長の顔が険しくなっていきオフィスの空気がまるで北極圏のように冷たくなる。

敦君なんて、彼女の顔が気になるのと社長の顔をみて怯えてるのが混じって凄い表情になってるし(※敦君は社長と話をしていたためその場に居なかった)。

さぁ、どうなるんだろうねぇ…
というか社長って意外と過保護だという意外な一面が見れたから僕sideはこれで終わり!!





(ほぉ…社長の妹か…会って面を見てみたいねぇ)
((最恐コンビ…))
(あんだって?)
((………))

作者の部屋→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
47人がお気に入り
設定キーワード:【名探偵コナン】 , 【文スト】 , 杏仁豆腐@スガエル   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ルチア(プロフ) - 面白いです!更新待ってます! (8月2日 5時) (レス) id: 0f75b247de (このIDを非表示/違反報告)
杏仁豆腐@スガエル(プロフ) - 夕霧さん» ありがとうございます!!!励みになります! (7月23日 14時) (レス) id: 0a35bafc5f (このIDを非表示/違反報告)
夕霧(プロフ) - とても面白かったです! 更新頑張ってくださいね! (7月23日 14時) (レス) id: fb8453ace7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:杏仁豆腐@スガエル | 作成日時:2017年6月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。