占いツクール
検索窓
今日:108 hit、昨日:600 hit、合計:112,459 hit

弐 どこ行くの ページ2

童磨さんは言う

「絶対夜は外へ出ないでね。何があってもだよ。」

「童磨さんと出掛けるときはいつも夜なのに?」

「俺がいるからいいの!!」

「は、はぁ…」

「Aはかわいいから夜に出掛けたら襲われちゃうかもね」と、冗談半分に言っている。
怖い事言わないで下さい……


__________
そんな会話をしたのが三週間前。
そして童磨さんが夜な夜な家からどこかへ出掛けているのが最近度々ある。
しかも私が寝たあとの事である。
私が気づいてないとでも思っているのか。

よし!今日は童磨さんが出掛けてから帰るまで気づかれないように起きていよう!

そう思い二人分の布団を敷く。潜って
出掛けて帰るまで見張るぞ!


って思ってたのに…

「ん……んぅ…ふぁぁ…」
…朝である。私は延びをし、隣を見る。

「起きたの…?おはよう。」

睡魔に負けて起きてられなかった…
ガクッと肩を落とす

もう本人に聞けば早い説。

「ねぇ、童磨さん」

「ん…?どうしたの?」

「最近…夜どっか出掛けてるよね。どこいってたの」

童磨は申し訳無さそうな顔をする。

「ごめんね。不安にさせちゃったね。でもね、俺にとって女の人は栄養価が高いんだ。だからさ許して。」

!?
何の話?!栄養価……?
これ以上探ってはいけない気がした。
(笑顔ちょっと不気味だし…)

参 色気→←壱 襲われかける



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (339 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1226人がお気に入り
設定キーワード:童磨 , 鬼滅の刃 , 上弦の弐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

うさ - 何回読んでもニヤニヤしてしまう......笑、素敵な童磨さんありがとうございますヽ(*´∀`)ノ (11月11日 12時) (レス) id: ef6ea16959 (このIDを非表示/違反報告)
黒蜜 - なにこれ神?クリームパンさん神様?神様信じるよ(_ _)童磨さんが最高(T∀T)←続き楽しみにしてまっす!素晴らしい小説、ありがとうございます! (10月24日 17時) (レス) id: febb139503 (このIDを非表示/違反報告)
名無し。。 - ん“ん“!!童磨くんが…リクエストありがとうございました… (10月24日 6時) (レス) id: a289b93a41 (このIDを非表示/違反報告)
マヤ(プロフ) - いつも読ませていただいております!!いいお話ですね!童磨が好きなのでこれからも頑張ってください! (10月23日 21時) (レス) id: 2037e6e45f (このIDを非表示/違反報告)
クリームパン(プロフ) - 名無し。。さん» リクエストありがとうございます! (10月23日 20時) (レス) id: 4499e05a62 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クリームパン | 作成日時:2019年10月15日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。