検索窓
今日:91 hit、昨日:350 hit、合計:114,356 hit

#3 ページ4

.


shp「⋯⋯フッ、羨ましいですか?」

『えっ』


ショッピくんがわざとドヤった。多分、見せつけてるんだろうな。



ut「⋯いやいやいや。羨ましくなんてあらへんわ」



大先生がカッコつけたポーズをして何か話しだした。



shp「⋯⋯何でですか?」


ut「そりゃあ⋯ね?俺とAちゃんは夜に【自主規制】してんねんかr」←


tn「⋯えっ?えっ、?え⋯⋯?それって⋯⋯ま、マジ?」


shp「⋯⋯は?何、言ってるんすか。そんなワケないですよね?Aさん」



トントンくんは動揺してるし、ショッピくんは少し焦りながら聞いてきた。

何、ややこしくしてくれてんだ。大先生⋯⋯。
そもそもよくそんな嘘言えたな。コイツ。

私、まだ【自主規制】やったことないんですけど。



『⋯⋯大先生??嘘は良くないですよ?』


ut「⋯⋯、すいません、、、。」



私は殺意を入れた笑顔で大先生を見つめた。その効果のおかげか、大先生は怯えてる。おもろ←


『じゃ、私準備あるので、また後で』


そうそう。こんなことをしてる場合じゃない。



shp「あ、じゃあ夜に会いましょうね」


ut「は!?俺の方に来いよA」


tn「お前ら、ええ加減にせぇよ?あ、でも俺のとこに来てほしいわ⋯⋯」





『会わないし、行きません じゃあね〜』


と、ヘンタイどもを放って私は歯を磨きに洗面所に行った。

はぁ⋯
トントンくんは真面目なんだけど時々ヘンタイになるんだよなぁ⋯。
大先生は元からだったけど。

ほんと、どーなっとるんだろ⋯⋯




.

#4→←#2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (354 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
717人がお気に入り
設定タグ:wrwrd! , d! , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - 海さん» 神作品と言っていただけ大変嬉しいです!舞ありがとうございますwm(*_ _)m (7月23日 22時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
- 神作品だヽ(・∀・)ノさくらんぼ双子様の為、舞を舞おう( ^∀^) (7月23日 21時) (レス) id: 723343f6c9 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - える@脅威推しさん» わぁ⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ありがとうございます!! (7月10日 10時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - 更新だぁい!最初から見てしまった…w (7月10日 4時) (レス) @page22 id: e5ffed06b8 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - さくらんぼ双子さん» 投票します! (5月25日 14時) (レス) id: b73a7fac54 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年3月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。