占いツクール
検索窓
今日:776 hit、昨日:1,410 hit、合計:109,286 hit

支配されていく ページ23

Okita side。



アイツがいなくなってから、

ドワッと後悔が押し寄せる…



簡単にいえば

嫉妬、

だ。



普段しないような格好を見た瞬間、

“男”と会うんだ、

__直感でそう感じた。



アイツに問い詰めても、

絶対に男とは答えない。



…Aは知ってんのか?

オメーが嘘をつくとき、

必ず瞬きの回数が多くなるってこと。



こうなれば仕方がねェ、

Aの後を追うことにした。



.
.



『…は?、、旦那、?』



Aの隣にいた男は、

意外にも旦那だった。


仲良く2人が入っていった場所は、

カップルのみ入店可能なカフェだった



旦那とAがカップル…?



『…釣り合わねーってんでさァ(笑)』



あとで隊士たちに一斉送信してやろ。

そう思ったとき、、

俺の頭の中に疑問がよぎった。



“Aはとんだブラコン野郎でィ”

“土方コノヤローと旦那って、どことなく似てやすよねィ?”

“だったら…Aは旦那のことを本気で…”



___好きなのか、?



ハッと息を飲み込めば、

ガラスの中、ずっと奥にいる旦那に

ピースサインを向けられる。



、、ムカつくんでィ、その顔。



そして次の瞬間だった。



旦那の顔と、

Aの顔が重なったのは…



、、公開プレーがお好きなことで。



顔では、ふっと笑ってみせるが、

心の中では、全く笑えない。



そこから、

どうやって屯所まで帰ったのか分からねェ



ただただ、


いつもより可愛いAの姿が、

旦那と楽しそうなAの姿が、

幸せそうに笑うAの姿が、


俺の頭から離れてくれなかった。




気にくわねェ。



何で俺じゃダメなんだよ。

何で旦那なんだよ。



俺の方がオメーのことよく知ってるし、

俺の方がオメーを幸せにだってしてやてる



…なのに、なんで、、



『Aも、気にくわねェ土方の血をしっかり継いでやがんでィ』



あの笑顔も、

あの髪型も、

あのメイクも、

あのキスも、、



俺が全部消してやりまさァ。



どす黒い感情が、

俺の中を支配していく、、



.

馬鹿みてェに…→←アイツを許すものか。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (137 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
493人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 沖田総悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

沖田 颯 - すごくいいです。更新頑張ってください (4月18日 15時) (レス) id: 3667ef296d (このIDを非表示/違反報告)
kaya(プロフ) - じゅ...充電がやばいです!この作品に惚れました!更新頑張って下さい! (3月30日 23時) (レス) id: 504932b45f (このIDを非表示/違反報告)
なふこ - 沖田さん恋愛に関してはピュアなのか!!胸が痛いよぉおおおおおおおお! (3月30日 11時) (レス) id: 5fec3ce495 (このIDを非表示/違反報告)
Lemon - 頑張ってください!更新楽しみにしてます! (3月15日 16時) (レス) id: 750ef43570 (このIDを非表示/違反報告)
アリア - 読ませていただきました!すごく面白いです(*^_^*)更新頑張ってください! (3月14日 16時) (レス) id: 65aef19a67 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あー | 作成日時:2018年3月11日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。