占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:301 hit

3。5月 ページ3

出会い頭に失礼な事を言ってしまった私だけれど

あれ以来何かと小湊先輩は仲良くしてくれた

先輩は亮介先輩でいいよ

なんて言うけれど、

いきなり先輩を下の名前で呼ぶなんて照れてしまって、1ヶ月経った今でも私は小湊先輩と呼んでいた


亮「家、この辺なの?」

「はい。結構近くて、来てみますか?なんて」

亮「クスッ 気が向いたらね」


校内で出会った時に他愛もない会話ができるくらいには仲良くなって


「好きな人とかいるんですか?ニヤニヤ」

亮「いるよ?」

「えっ誰ですか!?気になる…!」

亮「当ててみなよ」

「ちょっそれはずるいですよ!」


小湊先輩に好きな人がいることも聞いたし、


亮「そういうAはいないの」

「いますよー!誰だと思…」

亮「御幸でしょ」


私にも好きな人がいて、2人で恋バナなんかしながら
盛り上がれたんだ

4。6月→←2。4月



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:ダイヤのA , 小湊亮介   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:にとまる | 作成日時:2019年6月3日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。