占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:245 hit、合計:53,603 hit

前世の話。肆 ページ8

行く場所の無かった僕達は、お互い別々の場所に養子として取られることになった。



妹は嫌だと拒否したし、僕も妹と一緒が良いと言ったが、やはりそんなのを聞いてはくれなかった。



大人なんてそんな生き物なのだ。



僕が引き取られたのはそこそこ良い家だった。



最初こそ仲良くしようと声を掛けてくれては居たが、感情が欠如している僕を見ている内に段々放置するようになった。



料理を出してくれたり、学校に行けるようにしてくれたのには今でも感謝している。



まあ学校に行った所で友達は出来なかったし、誰かに興味を持つこともまずなかったのだが。



唯一勉強だけは出来るようになり、学年一位なども少なくない話だった。



引き取り手の養父母さん達は、僕のその成績を大いに喜んだ。



引き取ってくれたのだから、そのくらいの恩返しはしたかったし…喜んでくれたのは純粋にほっとした。



だが、僕はいつまで経ってもほっとする、などの感情は持てなかった。



周りの子達のいう、



「次の授業ほんとに嫌だ」



「面倒臭すぎるんだけど、死にたい」



「成績落ちた〜ほんとうざ」



これらの気持ちもよく分からなかった。



人は簡単に死にたくなるんだな、なんて滑稽な生き物だろう。



そんな感情しか持てなかった。



僕にとってあった感情は、人間に対しての滑稽だという気持ち、哀れまれるのが不快だという気持ち…それだけのことで。



後の感情は、特に生まれることなんてなかった。



「嬉しい」「悲しい」「苦しい」「辛い」「楽しい」「幸せ」



多分全て幼い頃に捨てた。



それを持っていることで、妹を守るのに邪魔になるから。



僕の人生はずっと、妹のためにあったのだろう。



妹と離れてまで生きる意味があるのか…それもずっと、何も、分からなかった。



高校に入ってからもそのままになる…きっと、僕は周りの子達みたいに「恋愛」とかもしないし、何かを強く感じたりもしないだろう…そう思っていた。



高校に入学したことで、妹に再会するまでは。

前世の話。伍→←前世の話。参



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
92人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 薄桜鬼 , トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そーな(プロフ) - すごく面白いです!続編楽しみにしてます(`・ω・´)ノ (10月29日 11時) (レス) id: fda0224a1f (このIDを非表示/違反報告)
夕希(プロフ) - 私の好きな、薄桜鬼と鬼滅の刃がコラボしているとか、嬉しすぎます!ありがとうございます! (10月25日 17時) (レス) id: 9681d7962f (このIDを非表示/違反報告)
ユウカ(プロフ) - 薄桜鬼!懐かしい……更新頑張ってください! (10月25日 14時) (レス) id: 1f4124da1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:心月美玲 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年10月25日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。