検索窓
今日:10 hit、昨日:1 hit、合計:1,718 hit

7 ページ9

「尊く、なる?どういう意味なんでしょうか?」

 尊くなるというのはどういう意味なんだろう。わけが分からないから聞いてみるけれど、阿月(あづき)様は何も言わなかった。聞こえなかったわけではないだろうから、多分わざと無視したんだろう。

「ここから先に行ってぇ。向こうにあなたと同じような子がいるから、その子に案内してもらいなさいな」

 廊下のつきあたりにある扉。その扉を指差して阿月(あづき)様はそう言った。

 扉の向こうは一つの部屋だった。屏風や棚が置かれている。他にも様々な日用品が……それもかなり高価そうなものばかり。どれもこれも美しくて品があった。

 そしてその家具に囲まれた子が一人。私はその子の顔を見て、目を見開いた。びっくりするくらいに綺麗な子だった。まるで全身がキラキラしているみたいな、本当に美しい子。その子も私に気付いたようで、目があった。赤紫の透き通った目だ。

(もえ)、この子のお世話をしてちょうだい」

 私の後ろで声をかけてきた阿月(あづき)様にもそこで気付いたようで、(もえ)と呼ばれたその子はあっと声を上げた。

阿月(あづき)様、ご機嫌麗しゅう!そちらの方は……?」

道明寺(どうみょうじ)の娘よぉ。あなたの妹分になるのかしらね?まあ、お世話よろしくね〜」

「はじめまして。名は道明寺(どうみょうじ)(あざな)開耶(さくや)といいます。よろしくお願いします」

 そこまで言ってお辞儀をする。そしてそれとすぐに後ろから気配が消えた。振り向くと、もう阿月(あづき)様はいなかった。

「お初にお目にかかります。名は蓬莱島(よもぎがしま)(あざな)(もえ)と申しますわ。貴女はわたくしの妹分、なのよね?うふふ、これからはわたくしを頼ってくださいまし。以後お見知り置きをお願い致しますわね」

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.4/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミクミキ(プロフ) - ぱるむのお部屋さん» ありがとうございます!励みになります (6月30日 21時) (レス) id: bce403cc8a (このIDを非表示/違反報告)
ぱるむのお部屋(プロフ) - たまうさかわいい〜イラストもとてもかわいくて素敵ですね!これからも頑張ってください! (6月30日 20時) (レス) id: 0955046302 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミクミキ | 作者ホームページ:http  
作成日時:2022年6月27日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。