検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,296 hit
歓喜に打ち震えた朝も、膝を抱えて涙をこぼした夜も。

全てがかけがえのない思い出になるから。


アルバムに写真を貼っていくみたいに、

ひとつひとつの記憶を重ねていって。


そうやって、私たちは日々を紡いでいく。


*


⚠️ATTENTION⚠️

本作品は、【イナGO】君へ贈る旋律【神童拓人】シリーズの番外短編集となっております。

本編のネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。


★一部設定の捏造あり
★オリジナルキャラの登場
★苗字を設定して読むことをおすすめします


短編集のネタを募集中です。

コメント欄、COMMUボード、もしくは作者ツイッター(@kimera_u)のDMまでお寄せください。


表題をイナGOとしてありますが、CS編以降のエピソードも執筆予定です。執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定
 
 
 
 
 

 

おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
33人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:キメラ | 作成日時:2023年1月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。