占いツクール
検索窓
今日:153 hit、昨日:554 hit、合計:259,519 hit

10P ページ10

何をしてるのか気になり公園に近づくと、出久君は彼の後ろで蹲み込んでる子を守るように涙ぐみながら立っていた。
向かいに居るのはツンツンヘアーのヤンチャそうな男の子。出久くんの行動が気に入らない様子で不機嫌そうな顔をしている。

(ツンツンの子、後ろに二人手下みたいに従えてそうな男の子達も居るけど…これって立派ないじめだよね…)


最初から近くに居なかったからちゃんと会話を聞き取ることは出来なかったけれど、ツンツンの子が「無個性の癖にヒーロー気取りかよ!デク!」と不機嫌そうな顔から不敵な笑みを浮かべて掌から火花を出しながら震えている出久くんに向かって言い放った。


その瞬間ツンツンヘアー側の子達がそれぞれの個性を発動させながら出久くんに飛びかかる。





『ーー堅き護りよ、パーフェクトバリアー』


出久くんの方へ手を向けて唱えると、彼と足元に居る彼が守っている子を覆うようにドーム型のバリアが張られ、襲いかかって来た子達の攻撃を防いだ。


「は…?」

『…男の子三人で寄ってたかって意地悪するの、恥ずかしく無いの?』

振り上げた手がバリアに阻まれて訳がわからないという顔をしている彼らへ近付き呆れたようにため息をつく。私に気づいたツンツンボーイが睨みつけてきたけど残念ながら怖くないぞ!


「…誰だよ、このじゃまなバリア、テメーの個性か」

『うん、そうだよ』

「消せよはやく」

『だめ』

「チッ…、便利な個性だからって調子のってんじゃねーぞ」

「Aちゃん…!」


明らかに機嫌を損ねた様子を見せるツンツン君。掌をバチバチ爆発させてる。出久くんがバリアの中から私の名前を叫んで震えながら見守ってくれているけれど、数人で袋叩きする現場を流石に見過ごせない。


『調子に乗っているのはそっち。…君たちは将来何になりたいの?』

「は?ヒーローに決まってんだろ」

『なら、今君がしている事はなに?ヒーローは人助けをする仕事だよ』

「…じゃあデクはなんだよ、無個性の癖にヒーロー気取りで…あいつ、生意気なんだよ!何にもできねえ無個性の奴はヒーローになれないんだってわからせねーといけないんだよ!」

『…個性が無くても何もできない人なんて居ないと私は思うけどな』


ああ言えばこう言う、という空気を出されていたけれど、興が醒めた様子で舌打ちしながらツンツンの子がその場から背を向けて歩き出した。






.

11P→←9P



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (160 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
496人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 逆ハー , トリップ   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なさ(プロフ) - 夜月 零夜さん» コメントありがとうございます!まだまだ未熟者ですが頑張ります!! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - ありささん» ありがとうございます!とっても天然な主人公ちゃんですが気に入っていただけて嬉しいです!ありがとうございます!頑張ります! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - レーナさん» 返信昨日ある事に今更気付きましたすみません…!応援ありがとうございます!頑張ります!れんこん! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
夜月 零夜 - 面白かったです!更新頑張ってください!! (2月7日 16時) (レス) id: 3da7626fa3 (このIDを非表示/違反報告)
ありさ(プロフ) - すごく面白い!主人公ちゃんが可愛い!頑張ってください! (2月5日 23時) (レス) id: 171cb6aee9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なさ | 作成日時:2020年1月29日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。