占いツクール
検索窓
今日:500 hit、昨日:624 hit、合計:204,139 hit

夏祭り:W ページ48

あぁ、もうすぐ花火が始まるっていうのに。

俺はふっかの言葉に、自分の耳を疑った。

俺のスマホには、一度食事したきりの興味もない女からのメッセージが入っているきりで、会いたいあいつの名前はない。

夏の暑さも、汗も、人混みも、ざわめきも、露店の煙っぽい匂いも、全てが鬱陶しくて、無意識に指を握り込んだ。

渡「………は?」

自分の鼓膜を信じたくなくて、もう一度聞き返すけれど。

深「だからぁ、今日は照とAちゃんの特別な日になっちゃったの」

返ってくる言葉は大して変わらなかった。

佐「あーあ、俺Aの浴衣楽しみにしてたのに」

ちょっと待てよ。

どういうことだ?

ふっかも、佐久間も、涼太も阿部も、全員"しょうがないか"みたいな顔をして。まるでなんてことないみたいに、今まで通りのペースで歩みを再開させる。

俺だけ、ついていけない。

会話にも、歩みにも。

立ち止まった俺に気づかずに4人は数歩先まで行ってしまう。

何も考えられない。

いや、頭の中は思考でごちゃ混ぜになっている。

でも、Aに会いたい、ってことしか、結局俺にはわからない。

どういうことだよ。

"特別な日"って、どういうことだよ。

Aは今どこにいるんだよ。

なんで、俺を置いていくんだよ。

宮「……翔太?」

涼太が振り返って、遅れている俺に気づく。

無理だ。

このまま、何事もなかったかのように振る舞うのは、俺には難しすぎる。

顔が強張って、口の中が干からびていく。

渡「………俺、たった今女と会う用事できたから、今日、抜けるわ」

精一杯、しぼりだして。

精一杯、憎らしい顔をして。

どうにか右手を上げて。

阿「……え、翔太、」

何か言われる前にすぐに背を向けた。

あいつらは俺のことをよく分かっているから、きっと簡単になにもかもバレてしまう。

だから今の俺には、逃げるのが精一杯だ。

のんびりとした歩みの人混みは、その誰もが漠然と幸せそうで、悔しくてイラだって涙が出そうになる。

屋台の赤い光が、俺の脳を溶かすみたいに視界を埋める。

と、後ろで、いきなりドンと低い破裂音が響いて。直後に周りの人混みが歓声をあげる。

思わず振り返ったら、夜空に満開の火花が散っていた。

渡「………ッ、クソ!」

なにもかも最低で、他人の幸せから逃げるように走った。

走る以外、なにもできなかった。

夏祭り→←夏祭り



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (150 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
439人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

すずの(プロフ) - しょっぴーしんどみが深いです! (5月5日 2時) (レス) id: 0281d1cc7e (このIDを非表示/違反報告)
もやし(プロフ) - 改めて最初から読み直しました!!しょっぴーが切ない…。しょっぴー頑張れ!!笑 (1月25日 1時) (レス) id: e09021bb44 (このIDを非表示/違反報告)
とみちゃん(プロフ) - あなたの紡ぐ文章が読めて嬉しいです、応援してます。 (1月25日 1時) (レス) id: df9c0b9860 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 最近は更新が毎日あって寝る前の楽しみになっています!無理せず頑張ってください!本当に文章やストーリーがお上手で感動します(;_;) (1月24日 1時) (レス) id: 32bd2067cf (このIDを非表示/違反報告)
にゃんこけし(プロフ) - 阿部担だけど、なべがものすごく気になってしまいます…(笑) 物語もいよいよ佳境ですが、メンバー目線もっと読みたいです♪ 更新無理せず頑張って下さい(*´∀`*) (1月23日 17時) (携帯から) (レス) id: b63c0386f9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:おかゆ | 作成日時:2018年12月18日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。