占いツクール
検索窓
今日:228 hit、昨日:3,183 hit、合計:35,978 hit

31 ページ31

「デ、デート?」



柚「良くない?一樹が勝つよりマシだと思うけど」



一樹「ちょww俺の扱い」








確かに…デートなら全然いいんだけど






「…スキャンダルとか?」



柚「俺ら別に事務所的に恋愛禁止とかないからいいんじゃない?」


北斗「バカ!そういうことじゃねぇよ」






なんで急に…
柚くん絶対私のこと好きじゃないと思ったのに





柚「あ、勘違いしないでよ?俺はただみんなと仲がいい椿を知るためだから」







私のことを知るため?




「そういうことだったの!!」


瑠衣「お、おま…まじかよ」







柚「男に二言は無くね?」





一樹「なるほど?」



「ていうか、ちゃんと赤点回避してね?じゃないといけなくなっちゃうから」


柚「うん」









柚くんは自分の中で1番未知の存在

正直不安があるけど、少しでも仲良くなれるように!









――――――――――――



「じゃあみんな、気をつけて帰ってね」


委員長「酒井さん!また学校で」


一樹「じゃあな!」


北斗「じゃあ」


柚「ばいばい」






こうして波乱の勉強会は幕を閉じたと思った。








「よし」





瑠衣「ねぇ」




「うああっ!!びっくりした!」




って家後ろなんだからみんなと帰る必要ないか!






瑠衣「椿、部屋の片付け手伝うよ」



「そんな散らかしてないから私がやっておくよ」






瑠衣くんは顔色を変えた。
今まで見せていた明るい顔じゃなくて






男の子の顔…みたい




瑠衣「ダーメ、俺の事で頭いっぱいにしたいから」









「…瑠衣くん?」







腕をぐいっと引っ張られてそのまま家の中へ入った。







―――――――――



一樹「じゃあなー委員長」



委員長「は、はぁぁん♡一樹くん♡」






北斗「あれ?瑠衣は ?」


柚「椿と一緒」





北斗「…全く、椿は無防備すぎるよな」






柚「椿知らないだろうね」


北斗「…そうだろ」








瑠衣「瑠衣はロールキャベツ男子だもんね笑」









狙った獲物は逃さない、正しくその言葉が今
私の頭に響いたのだった。

32→←30



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
137人がお気に入り
設定キーワード:推し , オタク , 青春   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

BAND(プロフ) - ホットミルク飲みながら見てました。凄いホワってしました!いつも楽しみにしてます! (1月13日 18時) (レス) id: 89d985a64d (このIDを非表示/違反報告)
抹茶 - ロールキャベツ男子の意味わからなかったので最後に軽く説明あったのありがたいです (1月8日 21時) (レス) id: 5aab78de35 (このIDを非表示/違反報告)
メロンパン - そそそ、そんなこと言われたら。キュン死警報発令!! (1月7日 2時) (レス) id: 0e27099bf0 (このIDを非表示/違反報告)
抹茶 - セピカさん神作しか作りませんよねっ!?嫉妬と恨みで私ハゲますよっ!?((??? (1月7日 0時) (レス) id: 5aab78de35 (このIDを非表示/違反報告)
幸都 - セピカさんの作品全部好きです!どうやって小説を考えているのですか?良かったら教えてください!これからも頑張ってください! (1月4日 21時) (レス) id: b3bc92b9f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:セピカ | 作成日時:2020年12月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。