占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:290 hit、合計:49,748 hit

第四十話[日常はそう簡単に戻らない] ページ45

無事事件を解決して数日


私は何時もの様に仕事(太宰のも込み)をこなし
遅れてくるであろう太宰に、色々と押し付けてやろうと今日も日常を過ごそうとしていた









だが、









『.......あ、れ?』


やけに遅いな。
また川でも流れているのか?


何時もならこれだけで納得して済むのだが
今日は何処か嫌な予感がした
私の勘はよく当たると云うのに....


然も、結局"あの"後

「否、何でもないよ」

って云ってはぐらかされるし









『.......迷惑な奴(ボソッ)』


「どうしたA。手が止まっているぞ」


うげ、理想追求仕事依存症←


「.......貴様、
今だいぶ失礼な事を考えただろう」


『イイエナンデモアリマセン




ゴホンッ




.......それより、太宰遅くないですか?』


さりげなく国木田さんに聞いてみる



「太宰ィ?
あの奴また何処かの川でも流れているんだろう
全く仕事もろくにせんと___」


国木田さんの言葉は途中で遮られた


バンッ









『.......敦、』


「ハアッ、ハアッ.......」


敦は珍しく息切れしながら入ってきた。
様子がおかしい、何か焦ってる?


「なんだ小僧、
貴様も仕事...「太宰さんがッ______」




___なんだと?」




『..............え?』









"太宰さんがッ行方不明なんです!"









もう、何度中った事だろう。



其れに、自分でも信じたくないほどに、









心臓が早く動いていた。









『......太宰?』









"ねぇ今何処に居るのさ"

続編へ行きマース→←第三十九話[信頼]


ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
49人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼花 | 作成日時:2019年5月23日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。