占いツクール
検索窓
今日:141 hit、昨日:58 hit、合計:23,017 hit

4話 ページ6

『はぁっ…はぁっ…つ、疲れた……』



後々、私は見事フラグを回収し、お母さんに追いかけ回された。








ーーーいやぁぁあああー!!!来ないでー!!!



ーーー待ちなさいAちゃん!!なんでお家に居られないのー!!!???






※家に帰ると毎回こうなる。



無事に、お母さんを振り切れたA。



『心配してくれるのはありがたいんだけど、限度っていうのがあるよね〜((^^;;』





?「姉さん!!!!!」





『!!』




((ガバッ





その時、Aの胸に強い衝撃が走った。





『キル…ア?』




キル「姉さんのバカ!!!

なんで俺に会わずに出ていくんだよ!!!」



Aに飛び込んできたのは、Aの弟、キルアだ。



『あ、いや、最近構ってあげられてないし、私、キルアに嫌われてるかと思ってたから…』



突然キルアが現れたもんだから、すごくテンパるA。



キル「そんなことない!!

姉さんは、ほかの兄貴たちと違う…

俺を、俺を兄弟としてみてくれた」



『!』



キルアは小さい頃から期待を寄せられていて、普通の子みたいに遊ばせたり、外へ行かせたり、私より窮屈な生活を送っていた。


私が、親に内緒で、色々やらせてあげたっけ。



『ごめんね、キルア。

もっともっと、構ってあげられればよかったのにね』



キル「うん、だから、俺を連れてって」



『…え?』



キル「いいだろ?これから俺にいーっぱい構って!

姉さん?」



『う、う、うん?』



これは…………これから大変なことになりそうだ

5話→←3話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:ハンターハンター , ゾルディック , キルア   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2018年12月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。